二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

Uターン

   

 

この日、私は大阪府東部のとある所を走っていた。
何時ものハヤブサで。

時速20km/h。

ママチャリでも出そうなスピードでハヤブサをトロトロと走らせてたのは、そこが非常に狭く入り組んだ住宅街だから。
なんでそんな所を走ってるのかと言えば、その住宅地に有る友人宅が目的地だから、という割と普通の理由。
別にわざわざそんな狭い道をツーリングしてた訳でも、右折だけで山田さんの家まで行けるか!って企画をやってた訳では無い。
そんな20年前の鉄腕ダッシュみたいな事なんてやってない。
そもそも目的地は山田さんじゃ無いし。

 

300km/h出るバイクを20km/hで走らせてても、だからとどうと言う事は無いのだけど、一つ困った事が有った。
それは、道に迷ったって事。
右向いても左向いても同じような景色の住宅街。
数年ぶりに通る道だけど覚えてるかな?と思ったらやっぱ覚えてなかった。
あらやだ。

『この先行き止まり』

狭い路地を進んだ先に現れた、そんな残念なお知らせとご案内の看板を前に、私はどうしたもんかとちょっと頭を悩ませた。
行き止まりならもうちょい早く言ってくれないかと思いつつ。

 

 

街乗りにおけるバイクスキルで、難易度が高いとされるのがUターン。
320km/hからテールスライドさせながらコーナーへ進入したり、20mの切り立った崖を登ったり、グランドキャニオンを飛び越えたり....
なんて超絶テクは公道ではそうそう求められないが、Uターンは割と普通に求められるスキルの一つだろう。
世の中、道を間違う事なんて幾らでも有るのだから。

 

ジムカーナもやってた、って口尖がらせて自慢する程にやってた訳では無いけれど、10回や20回どころでは無い程度にはジムカーナもやってたので、Uターンは特に問題は無い。
10年間プログラマーをやってた人ならHello worldを表示するプログラミングが出来るように、そりゃUターンくらいは出来る。

こんな時、何時も思い浮かべるのはアクション映画で良くあるシーン。
主人公が通りすがりのバイクを奪って敵を追いかけるシーン。

老若男女、こんなシーンが登場する場合、敵も見方も大体皆様バイクの扱いが非常に上手い。
サクっと通りすがりのバイクを奪ったら、キュキュキュキュっとタイヤを鳴らしてアクセルターンを決めて犯人を追いかける。
こんなパターンを良く見かける。
皆様上手にバイクに乗るもんだ。

ブラックレインのマイケルダグラスから、ハーレーの白バイで階段を登るT-1000やマトリックスのトリニティまで、皆様上手にバイクに乗る。
ウイリーしたりジャンプしたりと皆様とても上手だ。
テロテロってUターンするシーンなんてまず見かけない。
Uターンでグズグズしてたら敵は逃げちゃうものね。

 

ジムカーナ以上にモトクロスをやってたので、そりゃアクセルターンくらいは出来る。
10年間プログラマーをやってた人ならショートカットキーを使ってコピー&ペースト出来るのと同じく、10年間魚屋をやってたらカレイとヒラメの見分けくらい出来るのと同じく、ガキッチョの頃からモトクロッサーに乗ってたら、そりゃアクセルターンくらいは出来る。
グランドキャニオンは飛び越えれないけど、アクセルターンくらいなら出来る。
ダートバイクならば。
土の上ならば。

 

でもハヤブサ。
舗装された狭い住宅街でのハヤブサ。
この状態で出来るのかと聞かれたら.....

トラクションコントロールの無いハヤブサなら物理的には可能だと思う。
ZZR1400でも、トラクションコントロールをカットしたら可能だと思う。
物理的にはね。
あくまで物理的には。
あくまでも。

 

一時期、ウイリーの練習にハマった時期が有った。
何度か書いた事の有る、パチンコ屋跡地の私有地にて。
私の土地じゃ無いけれど。

その時アスファルト上でのリッターバイクのアクセルターンの練習もしておけば良かったのだけど、1本3万円もするタイヤを無駄遣いするのはちょっとね。
とセコい事を考えて結局アクセルターンの練習はした事無い。
CBR250やクラブマンならやった事は有るけれど、リッターバイクでそんなのした事は無い。
R1はタイヤもチェーンも高いものね。
ヘタこいたらえらい事に成るし。
ハイサイド起こしたら目も当てられない。

 

でも基本は変わらない。
ハンドルをフルロックして、バイクを倒して、回転上げてクラッチミート。
と、まぁ大体こんな感じで、土の上でセローでやるのも、アスファルトの上でハヤブサでやるのも変わりはない。
変わりは無いのだけど....
確かに変わりは無いのだけど....

 

でも流石に狭い住宅街で197馬力を暴走させたら近隣住宅を破壊しかねないので、テロテロテロっと静かにUターンした。
ハリウッド映画ではちょっと無さそうな光景だけど、まぁ他所の家の玄関を破壊するよりはマシだから静かにテロテロっと。
住宅街の路地で調子乗って華麗なアクセルターンをキメてもきっと誰も褒めてくれないだろうしね。
ウルセー!って怒られはしても賞賛を浴びる事はきっとない。
その賞賛は、グランドキャニオンを伸び越える時まで楽しみに取っておこうと思う。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE