二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

シングルグレード

   

 

その昔、ミニ(旧)に乗ってた頃。

当時遊んでた人達は概ねTipo読者。
スーパーセブンやエランや510ブルーバード...等など。
その手の変な車が好きな人ばかりだった。
時にカムリに乗ってる人も居て、それはそれで有る意味レアな車だったりもしたのだけど。

そんな中に一人古いフォルクスワーゲンビートルに乗ってる人が居た。
古いって言うか、新しいビートルはまだ世に出てくる前の話だったのだけど。

 

そんなビートル君が入れてたのはシングルグレードのオイル。
何処の何てオイルなのかは一切覚えて無いけれど、頑なにシングルグレードのオイルを常に入れていた。
空冷のビートルにはシングルグレードの鉱物油がイイんだよと言いながら、ビートル君は常に何だったかのシングルグレードオイルを入れていた。

常に、ってのは、やたらオイル漏れするビートルだったから。
サーキット走ったらブラックフラッグが出されるレベルで。
だからしょっちゅう見かけたもんだ。
ファミレスの駐車場でビートルにオイルを継ぎ足してる光景を。

お陰でビートルジュースと呼ばれてたのだが、西川のりおのモノマネなんてしてないで危ないからオイル漏れくらい直そうよと、ボンネットから火を吹いた分際でそんな事も思ってみた、あの頃の思い出。
遠い日の記憶。

ちなみに、随分前の話だが、流石にその頃はシングルグレードのオイルなんて通常量販店で見かける事は無かったよ。
そんな昔では無い。

 

 

オイル選びって中々難しい。
値段が高く高性能なオイルなら素晴らしいのか、と言えばこれが一概には言えない。
古いエンジンに最新の高性能化学合成オイルを入れたら漏れやすい、なんてのは良く聞く話だ。
良く聞くだけど、実体験は無いけれど。

古い空冷エンジンには鉱物油が良いのか、やっぱり最先端の化学合成油が良いのか?
2006年以前のJASO-MAが指定されているバイクにMA-2を入れるのは良いのか悪いのか?
ヤマハにホンダ純正入れるのってどうなの?
スズキにカワサキの緑オイル入れるのってどうなのよ?
有名ブランドが良いのか、石油メーカーが作ってるオイルが良いのか、純正が一番なのか、センパイの言う事が正しいのか....

 

等など、オイルの選択は人の数だけ信じるモノも違えば考え方も違うので、一言であーだこーだ言うのは中々に難しい。
メーカーもブランドも非常に数多いエンジンオイルの世界。
ある種の信仰に近いものが有る。
何を信じるかはアナタ次第だ。

 

610167kWllL._SY355_

MotoGPでもお馴染みのドイツのリキモリ。
創業時の主力商品の液化二硫化モリブデン =リキッド状の二硫化モリブデンが社名の由来。
今もシングルグレードのオイルを供給する、マニアには嬉しいブランドだ。

クラシックなハーレーやBMW等、現存する古い空冷バイクに乗ってる人は、今もこの手のシングルグレードのオイルを愛用してる人も多いみたい。
友人の一人の80年代のBMWに乗る人が言うには、もっともっと古い時代のBMWに乗るおっちゃんは、頑なにリキモリのシングルグレードを入れるとかって。
コレが唯一無二の選択なのだとか。
以前は個人輸入でもしてたのだろうか?

まぁ解らないでも無いよね。
クラシックBMWに乗る人って頑なそうだから、頑なにゲルマンブランドの、頑なにあの頃のシングルグレードを入れる、そんな頑なな思想も解らないでもない。
頑なそうだから。
(個人の感想です)

 

今の時代にシングルグレードが指定オイルなバイクに乗ってる人はそう多くは無いだろうけど、少なくとも選択肢として用意してくれてるってだけでもその筋の人には有りがたいだろう。
私が個人的にこのオイルを買う事はまず無いだろうけど。
多分。

 

現在のレース用オイルも普通はマルチグレードなので、シングルグレードだからと別に潤滑性能が高い訳では無い。
したがって、シングルグレードのオイルは季節によって粘度を変えなきゃ成らない、単に手間の掛かるだけのオイルってだけの話。
ただ単に邪魔臭いだけ。

なのだけど、人は利便性を追い求める一方で、わざわざ邪魔臭い事をするのも好きな場合も有る。
そんな相反する複雑な揺れる気持ちを持ってるので、面倒なオイルもそれはそれで良いものなのかも知れない。

だから面倒な事をするのが好きな人にはこれからも支持されていくんだろうと思う。
私は遠慮しとく。

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE