愛も勇気も必要だ

 

元気が有れば何でも出来ると言ってた人が居たけれど、時にはさらに勇気も必要だ。
特に非日常な経験をする機会の多いライダーには、時に大きな勇気が求められる事が有る。
カルディのコーヒーに素知らぬ顔して2回目並ぶくらいの大きな勇気が必要と成る事が有る。

例えばモトクロスでジャンプする時、例えばリッターSSで鈴鹿のバックストレートを280km/hから130Rへ突っ込む時、例えば内緒で買っちゃったパニガーレを奥様に報告する時。
時に大きな勇気を必要とする事が有る。
生半可じゃ無い勇気が。

ちょい前に同じような話を書いたけれど、今回もまたしても。
ファズだってエドだって大体同じ事やってるので特に気にしない。
そうそうヒグマと戦ったり、なんて気の効いたイベントは発生しないのだから。

そう、アクセルターンしようかな、とか思ったのだ。
コンビニの前で。

 

この日、随分久しぶりにセローを出した。
ちょい人と合う約束が合り、バイクで出かける予定が有ったので。
車はちょい便利悪い立地なので今回は寒いけどバイク。

ハヤブサで無かったのは、ちょい右足が痛かったから。
家の中で自転車乗ってるのだけど、ペダルのビンディングを外す際、右足を変な方向にヒネったのか、なんかそれ以来ちょい痛くて。

で、ハヤブサを引っ張り出すのが余りにキツかったので、下手したら下敷きに成りそうだったので、この日はセロー。
歩くのでさえ痛いので、セローでも押したり引いたりするのは結構痛いんだけど。

約束の時間からはちょい早かったのでコンビニでコーヒーでも飲んで時間潰しておこうかと。
そう思い、駐車場の端っこに有るバイク用駐車スペースへセローを突っ込み、バイクから降りた私は右足がかなり痛いって事を改めて実感した。
バイク乗ってたらそうでも無かったんだけど、歩くのさえもちょいキツいレベルで足が痛い。
ランバダ踊れと言われたらお断りさせて頂くレベルで。
結構足が痛い。
まぁリアブレーキは踏める程度なのでドゥーハンに比べりゃ大した話では無いんだけど。

コーヒーを飲みつつぼんやりしてると丁度良い時間に。
さてそろそろ行くかと、昔のロボットのようなぎこちない歩みでセローの元へと。

....いやぁ、困った。
朝、家のバイク置き場から引っ張り出した時よりも遥かに足が痛い。
正直、歩くのだけで痛いのにセローでも引っ張り出すのは遠慮したい気分だ。

ゼファーχのアクセルターンとパワースライドのやり方[400cc ネイキッドバイク編]

以前は路地でハヤブサが詰まった際にアクセルターンで切り抜けようかと思ったけれど止めておいたって話を書いた。
だが今回はセロー。
セローでアクセルターンなんて非常に容易い。
ハヤブサならリアを滑らせたら、と言うか滑らせる前に倒して行けばそのままゴロンと横倒しに成る可能性が高い。
下敷きに成る可能性は否めない。
それに、滑らなかった時の事を考えたら非常に恐ろしいモノが有るね。
ハヤブサで回転挙げた状態でクラッチをポン!っと繋いだ時、リアタイヤが滑る事無くグリップしたら大惨事だ。
路地の奥で暴走したら、他所の家を破壊しかねない。
ん、やっぱ余程の自信が無い限りは止めた方が良さそうだ。

だが今回はセロー。
セローでアクセルターンなんて今までの人生で何周回ったか解らないくらいに回っている。
セローでのアクセルターンなんて容易い話だよ。
土の上なら。
広場なら。
すっ転んでも問題無い所でならば。

....ん、やっぱ止めておいた方が良さそうだね。
新年早々コンビニに突っ込んだりしたら目も当てれないので、無駄な勇気は振り絞らないで素直に引っ張り出した方が良さそうだね。
ってか公道でするなよって話か。
そりゃそうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする