スポンサーリンク

私がオバQに成っても

 

白い服が好きだ。
知らないと思うけれど、実は白い服が好き。

普段着てるダウンジャケットは白が多いし、セーターも白が多い。
バイクに乗る時に着るジャケットも、無謀にも白い革ジャンを着る事も多い。
白いビジネス用スーツも持ってるくらいに城が好きだ。
もっとも、白スーツって一回着ただけで余りにド派手なので駅の目前で家に着替えに帰ったりしたけど。
ん、白はちと派手過ぎたわ。
夜の街なら似合いそうだけど、朝の通勤列車じゃ派手すぎる。

でもレディーススーツなら白も無い訳じゃ無いと思う。
そこそこの根性は要るけれど、カルディのコーヒーを二度目に並ぶくらいに根性は要るけれど、まだレディーススーツならどうにか、ギリどうにか。

でも男性用はちょっとね。
新郎か演歌歌手か内藤哲也かってレベルの白スーツはかなり根性が要る。
ビジネスで着るのは非常にレベルが高い。
いくらお米や片栗粉の営業マンだとしてもちょっと。

 

バイク用のジャケットで白なんて正気では無いとは私も思ってる。
過去には、フェリーで前に並んでた3MA(後方排気)にアイボリーのナイロンジャケットに水玉を着けられた苦い思いでは有るけれど、まぁ今や後方排気はおろか2ストに出会う機会なんて殆ど無いので、2ストレプリカ全盛時代に比べりゃまだマシ、かも知れない。
あんま変わらないかも知れない、けれども。

ちなみに、バイク用の革ジャンの洗濯は手洗い、と言うかブラシ洗いで済ましている。
イケアで唯一買う吸盤着きブラシを使って、洗濯用液体洗剤をちょい着けてゴシゴシ洗ってる。
後は水で濯いで最後に柔軟仕上げ剤をちょい溶かした水でさっと濯いで金網の上でゆっくり乾かしてオイルを塗ってやれば大体は綺麗に成る。

随分適当だけど、まぁ安い革ジャンだしね。
ヌメ革の財布じゃ無いのだから、クロムなめしの革ジャンなんて普通に洗えるさ。
流石にジーンズと一緒に洗濯機に放り込む程に豪快な生き方はしてないけど。

なお、お湯を使うのは止めた方が良いと思う。
ロクな事無いので水で洗おう。
自分で洗うなら。

バイク用の革ジャンは結構安いので適当に洗ってるのだけど、革のコートはまぁまぁ高いので革製品に特化したクリーニング店に出している。
結局、あーだこーだ言っても革は専門のクリーニング店に出すのがベストだ。
ただ数千円~数万円位掛かってしまうので、3万円の革ジャンでを毎年クリーニングに出すのはいまいち現実的では無いかも知れない。
革ジャンの新品変えるじゃん。
でもその分申し分無いレベルに仕上げてくれるので、ちょいお高めの革に関してはもう何年もそのクリーニング店の世話に成っている。
安いのはイケアのブラシでスマンかっただけど。

やっぱ革は革に特化したお店の世話に成るのが得策だろう。
だから今の所はそこが、革に特化したそのクリーニング店がベストチョイスだと思ってる。
私の中での大賞のクリーニング店だと思っている。
ケンちゃんのクリーニング大賞受賞店だと思っている。
もうちょい安ければ言う事は無いのだけど。
でもそれなりの仕上げを担保してくれるなら仕方ないか。
ケンちゃんの技術料だから仕方ないか。

 

革ほどでは無いけれど、ダウンのコートもクリーニングに出すとまぁまぁなお値段するので、過去に2回クリーニングには出したものの今回は自分で風呂場で洗うことに。
もう長い事着てるのでそろそろスマンかったする頃合なので、今回は自分で洗おうかと。
新年早々に。
ってか、昨シーズン終了後に洗っておけよって話なんだけど。

何ちゃらかんちゃらって偉そうな名前のダウンだけど、中身は水鳥の羽毛だから全然大丈夫。
水に濡れると溶けちゃうようなエッチな素材じゃないから大丈夫。
水の上で育った鳥の羽毛なんだから水に弱いなんて事は無いさ。
特に根拠は無いけれど。

流石にパンツと一緒に洗濯機で回す程に肝の座った人間では無いので、カルディのコーヒーを素知らぬ顔して3周並べる位にド根性な人間では無いので、今回も革と同様に手洗い&金網の上で陰干し。
ただ、手洗いって汚れを落とすのが中々に大変なので、やっぱり次からは白い服買うのは止めておこうと思う。
排気ガスにモロにさらされるライダースジャケットや、どうしても裾が汚れやすいロングコートは素直に黒を買っとけって話なのだろうね。
オバQみたいな白いコートは止めとけって話なんだろうね。
結局それがベストなのかも知れない。

でもそれを踏まえて。
やっぱ次も白が第一候補だろうと思う。
白を着るだろうと思う。
洗濯の度に後悔しようとも白を死ぬまで好んで着るだろうと思う。
死んでからもきっと。
さらにその後、私がオバQさんに成っても(森高千里)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする