もはやタイタニックなんて時代じゃない

 

TOYOTA-PROACE-0

 

次のハイエースはこのプロエースのような形に成るんじゃ無いか、とか言われている。

キャラバンにせよハイエースにせよ軽のワゴンやトラックにせよ、どれも一様にちびちびとフロントを前にせり出す歴史を歩んでるのだが、次の世代でいよいよ紛う事無きボンネットがドカンと付くんじゃ無いかと、なんかそんなような事を。

前が出れば後ろが短くなるのは物の道理。
したがって、ボディサイズが変わらないならラゲッジスペースは短く成ってしまうのは仕方ないのだけど、流石にモトクロッサーが入らないなんて事は無いとは思う。
2.3mは確保できたら問題なく使えるので、流石にハイエースならそれくらい確保出来る筈。
まぁ、トランポに使う人が買うのは大体は中古だから、新型の寸法なんてあまり関係無いかも知れないけれど。

ヒラメちゃんみたいな絶壁フェイスが無くなるのは、そりゃ勿論衝突安全性の為。
絶壁は、乗ってみると見晴らしは良くスペース効率も高いのだけど、突っ込んだら終わりだよなぁってふと思う。
ハイエースくらいに堅い顔してるならまだしも、軽のワゴンに乗ったら思う。
世の中ツッコんだら負けな場面も少なからず有るけれど、この車は突っ込んだら文字通り負けだよねと。

キャブオーバーの絶壁フェイスは、なんとなくタイタニック気分が味わえるくらいに見晴らしは良いのだけど、今やそんな時代じゃ無いので仕方ないよねって話だ。
安全性の為には前が出っ張って後ろが引っ込むのも仕方ない。
今やそんな時代なのだから。

まぁ、用事も無いのにジャンプ飛んでるモトクロスライダーが安全性をどうこう言うのもね、って気分は無い訳じゃ無いけれど。
安全性が大事ならモトクロスなんてやってないでコタツで寝とけと言われたら何一つ言い返す言葉なんて思いつかないんだけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする