スポンサーリンク

KAWASAKIタンクエンブレム

エンブレム買った。
旧KAWASAKIタンクエンブレムを。

同じカワサキだけど上下で微妙に違うのがお解り頂けるかと思う。
これは、どちらかが本物でどちらかがコピー品って訳では無い。
ぶっちゃけ、どっちも純正ではない。
どっちもピーコ。
二人はピーコ。
ピーコとピーコ。
ピーコよ♥

この手のエンブレムは結構数多く売られてるのだが、今回はCherryってブランドのエンブレムを。
ちょい前までカワサキに乗ってた人が手持ちで余ってたって言うので売って貰った。
ヤマハのジャケット着てZ900RSに乗ったり、マルケスレプリカ被ってカタナ乗るのは構わないけれど、流石にカワサキ以外にKAWASAKIエンブレムはちょっと使えない。
ヤマダさんがヨシムラのステッカー貼るのはともかく、XJRやCB1100にKAWASAKIのエンブレムは流石に使い道は無いからね。

少々古びてる下段のエンブレムは多分キタコ製。
真新しい上段のがCherry。

多分キタコだろうと思われるバッジはかれこれ何十年とタンクにペタリされてきたので、正直かなりくたびれてる。
だから1度バーナーで塗装を焼いて落として塗装しなおそうか?なんて思ったりもした。
プライマー塗って、マスキングしてつや消し黒を塗って、白い部分はウレタンの白を流して。って感じで化粧直ししようか....
とも思ったのだけど、何だかんだで面倒臭いので買った方が早いかって事で。

モールドは正直言って甘い。

書体が純正とは違うので、恐らくは一から作ってるのだろうキタコと、書体は純正と同じなのでもしかしたら純正のエンブレムから原型作ってるんじゃ無いの?なんて事すら思ってしまいそうなCherryとを比べたら、Cherryのモールドは正直言って甘さを感じる。

純正を原型にしてシリコン型を作ってる訳じゃ無いだろうけど、この甘さはお気に召さない人も居るかもしれない。
もっとも、1mも離れたらちっとも解らないレベルなので、それくらいはまぁイイじゃないっすか?とも思ったりもするのだけどね。
30cmくらいまで近づいたら流石に解るけれども、流石にそんな人はそうそう居ないと思うし。
停車中のバイクにそこまで至近距離まで接近してくるそんな不審な人はそうそう。
走行中なら尚更だ。

その辺は、本当につまらない言い回しだけど、人それぞれだろうねって事だろう。
本当につまらない言い回しだけども。

カワサキ(KAWASAKI) 純正タンクエンブレム 旧ロゴ J2012-0005

新品価格
¥1,800から
(2019/2/21 23:43時点)

キタコ(KITACO) エンブレム(KAWASAKI) Ninja400(ニンジャ400)/GPZ1100/ゼファー400等 シルバー 101-79-0500-20

新品価格
¥1,296から
(2019/2/21 23:39時点)

この手のピーコ品は、値段だけで選ぶと時に酔っ払いながら作ってるの?って、クラシックな言い回しなら葉っぱでもキメてんじゃ無いの?ってクオリティのが届いたりするので、後悔したくないなら素直に純正を選ぶのが良いと思う。
どう考えてもそれが得策だ。

でも今回届いたCherryは、値段が値段なだけ有って文句言ってちゃ罰が当たるってもんだ。
ただ普通ショップで買うなら....やっぱ純正かな。
そりゃそうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする