スポンサーリンク

国旗の話し

小学生の頃、各国の国旗を暗記するってのが流行った事が有る。
国旗当てテストとかやったりしたりとか。

記憶力は割と良い方だったので成績は高かったのだが、その各国の国旗と同じく特化型の生徒には苦渋を味わされた事も良く覚えている。
私の暗記傾向は広範囲型だったので、南米だろうと東南アジアだろうと何処を出題されてもそれなりの点数は取れるのだが、逆に言えば飛びぬけた点数は取れない事をも意味する。

一方、暗記傾向が特化型なら、そのエリアに関しては無類の強さを発揮する。
ガボンの国旗は?
なんて言われても普通は解らないものね。
ガボンって何よ?って。

それすらも平気な顔して即答できるのはアフリカ特化型ならではだろう。
これでもか!とばかりに口を尖がらせて得意気に成っちゃう。
だが中東にテーマが変われば死んだ振りしなきゃ成らない諸刃の剣でも有る。
まぁ人生を左右するような大袈裟な話しじゃ無いのだけど。

特化型が良いのか広範囲型が良いのか?
小学生ながら、人の記憶力に、自分の能力に限界が有る事は理解してたので、どっちが良いのだろうと結構色々と考えたもんだ。

結局、どう考えても広範囲をカバーしてる方が有利だよねって結論に辿りついたのだけど、聞いた事も無いような国の見た事も無いような国旗を当てれる特化型の輝きに、私に無いモノを持つ人に対する憧れのような物を感じたのだ。
って、そんな大袈裟な話しでも無いんだけど。
ああ、全然そんな大袈裟な話しじゃ無いね。

 

 

国旗の見分けは中々に難しい。
時にとても良く似た国旗が有るのでとてもややこしい。

この国旗は、右がモルドバで左がアンドラ。

アンドラはスペインとフランスの間に有る国。
ロレンソのミュージアムが有って(閉鎖した)エスパルお兄ちゃん等が住んでて、マルケスもまだアンドラ在住だったっけか。
昔それで揉めてたよなぁって何となく思い出される。
ついでに年末のMotoGPアワードの表彰式も行われる、MotoGPでは何となくお馴染みの国。
それがアンドラ。

モルドバは...さぁ??

あ、一切脈略は無いけれど、私の同級生の一人がSGI=シリコングラフィックスに勤めてた事が有る。
O2やOctane等のワークステーションでお馴染みのSGI。
当時PCと言えばクリーム色だった時代。
私の使ってたパワーマックもクリーム色だった時代。
あの個性的なケースに憧れたもんだ。
到底手は出なかったけど。
用事も無いし。

そんな素晴らしい会社なのだが『SGIに勤めてる』と答えると、理由は良く解らないけれど何と無く微妙な反応される事も有ったらしい。
全く私にはその理由の片鱗すら解らないのだけど、なんかそんな事も有ったとか無かったとかやっぱ有ったとか実は無かったとか。
そんな話し。

HPに飲み込まれた今や昔の話だけどね。
平和的飲み込まれたのかどうなのかは解らないけれど、ともかくシリコングラフィックスの栄光と勝利は潰えた、今や昔の話だけどね。

何となく、理由は不明だけどそんな事をふと書いてみたく成った次第だ。
理由は一切不明なのだけど。
はい、まったくわかりません。
ワタシ ナニモ ワカラナイ。

 

 

ちなみに、MotoGP開幕戦が行われたカタールの国旗はこんなの。

隣のバーレーンはギザギザが5つなのに対して、カタールはギザギザが9つ。
色も違うし、カタール国旗は縦横比がよりワイドなので、よりテープ感は強い。
薄茶色じゃ無くて良かったと思うばかりだ。

カタールの小学生は、このギザギザをバランス良く描ける事がとても重要なスキルとして叩き込まれる。
国旗は自国の誇りなのだから、正しく描ける事は重要だ。
時に上下逆さまの自国の国旗を大統領が振りかざすおっちょこちょいな国も有るけれども、ともかく自国の誇りなので自国の国旗は正しく描けるように頑張って欲しいねと思う。


アフガニスタンの小学生は中々大変だけど、自国の国旗なのだから正しく描けるように頑張って欲しいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする