2019 MotoGPルーキータイトル争い~Rd.1:カタールGP

今年のルーキーはこの4名。

20 Fabio QUARTARARO FRA Petronas Yamaha SRT Apr/1999 Moto2-10位
36 Joan MIR SPA Team SUZUKI ECSTAR Sep/1997 Moto2-6位
63 Francesco BAGNAIA ITA Alma Pramac Racing-Ducati Jan/1997 Moto2-1位
88 Miguel OLIVEIRA POR Red Bull KTM Tech 3 Jan/1995 Moto2-2位

チーム体制から見ればJoan MIRが一歩有利か。
そりゃファクトリーだものね。

テストでも好調だったBAGNAIAとスーパールーキーのQUARTARAROも十分にルーキータイトルを狙える。
ルーキータイトルどころか、総合のランキングでもそこそこ上位に食い込めるかも知れない。

一方、Miguel OLIVEIRAは言うまでも無く苦しいか。
ファクトリーのザルコですらのた打ち回ってる現状のKTM。
チーム(Tech3)もライダーも移籍一年目の今年、そりゃ仕方ないって話しなんだろう。

でもそんな事を言ってても仕方ないので、ちょっとずつでもポイントを取れる事を祈りたい。

総合順位 ライダー カタールGP 合計ポイント
8 Joan MIR 8(8pt) 8pt
Fabio QUARTARARO 16
Miguel OLIVEIRA 17
Francesco BAGNAIA

開幕戦が終わった段階ではミルが唯一のポイント獲得ライダー。
流石はファクトリーライダーだけ有って、序盤は先頭グループに混じる好走を見せたものの、ジリジリと交代して8位でフィニッシュ。
でもデビューレースで8位なら十分な成績だ。

今回、非常に不運だったのがクワルタラロ。
ウォームアップのスタート時にまさかのエンストでピットスタートを余儀なくされた、非常にビターなデビューレースと成った今回。
だが、予選5番手、決勝でもマルケスよりもドヴィチオーゾよりも速いファステストラップを出す等、決勝直前のウォームアップ時のスタート以外は非常に素晴らしいモノを残した。
決勝直前のエンスト以外は。
...エンスト以外は。

エンストさえ無ければと悔やまれて成らない今回のレース。
次こそは。
次ぎこそはきっと。

と言う訳で、次回アルゼンチンGPへと続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする