ラバティラバティラバティラバティ

 

カバディ

カバディと言ったらコレを思い浮かべると思う。
何やってんだかいまいち良く解らないけど、ともかくカバディって言えばコレだろう。
体育館のコートで、チームユニフォームに身を包んで行う競技。
何やってんだか良く解らないけど、ともかくカバディと言えばコレを思い浮かべるだろう。

ただ、そもそもはこんな競技として確立したお上品なカバディとは違う。
こんな気の抜けたお上品なお遊戯とは違うのだ。

これが本当のカバディ。
濃厚なガチムチのおっさんが、パンツ一丁で荒野の上で繰り広げる漢の戦い。
それがカバディだ。
結局の所、何をやってんだか良く解らないのは一緒なんだけども、ともかく本当のカバディはコレだ。

だが、カバディはそれに止まらない。

実はコレもカバディなのだ。
ガチガチにムチムチのパンツ一丁のおっさんが、お互いの体をぺちぺちシバき合いする謎の競技。
時にドラゴンボールのように熱い応酬が繰り広げられる。
ペチペチと。
これもカバディらしい。
これに至っては、この人たちは一体何がしたいのかさえ全く理解出来ないけれども、ともかくこれもカバディなのだ。

実は一つ反省しなければ成らない事が有る。
何一つ、髪の毛一本たりとも誤る事なくパーフェクトな毎日を歩んでる私なのだけども、これだけはちょっと反省せねば成らないと思う。

0425lav

ラバティって、意外とヤルじゃないか。
って。

デ・アンジェリスもブロックパークスもディ・メッリオも、そして兄のマイケルラバティも居ない今期のMotoGP。
レギュラーライダーランキング最下位筆頭として挙げたのが、このユージーンラバティ。
マイケルの後を継ぐのはユージーンしか居ないだろ?
尻をしっかり守る男はユージーンしか居ないだろ?

と思ってたのだけども、蓋を開けたら意外な展開、ドゥカティワークスの二人より上位のランキング9位。
しかも第二戦のアルゼンチンでは4位に入る大健闘を魅せる程。
幾らロレンソとビニャーレスが転倒リタイヤして、イアンノーネが呪いのカード発動させてドヴィさんを撃墜したと言っても、一歩間違えたら表彰台に上がってたかも知れないと考えたら恐ろしい。
恐ろしい??
え???

ともかくドゥカティワークスの2人を上回るランキング9位は素晴らしい成績だろう。
もっとも、そのドゥカティワークスの2人ってのは、呪われてるドヴィさんと、自ら進んで地雷を踏みに行ってる地雷みたいな頭したイアンノーネなので、ファクトリーライダーをネジ伏せたとは言いがたいのは確かなのだけども。
だが、世界最高峰クラスを走るプロフェッショナルライダーは結果が全てなので、現在9位の結果は十二分に素晴らしいと言えるだろう。

ドゥカティのサテライトヒエラルキー頂点のやさぐれレディングは、今年は違うぜ!って思われたけどやっぱりいまいちパっとしないし、グランプリ界で最もスケベそうな顔してるペトルッチに至ってはまだ手が治ってないので走れもしない始末。
上写真のユージーンの後に写ってるベラベラさんも好調を維持してるので、ファクトリーだけで無くサテライト勢も大きな異動があるかも知れない。
流石に30歳のラバティやバラベラさんがが今更ファクトリーに入るとは思えないけど、参戦チームも増えるしヤマハサテライトも一つ空いたしホンダサテライトも空きそうな来期、ドゥカティサテライト勢の中での戦い次第ではちょっとした変動が起こるかも知れない。

今後も、このユージーンとベルバラさんの走りに注目せずには居れまい。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 774RR より:

    ユージーン、地味にSHOEIユーザーなんですね。