二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

チャンスを掴んだ男と、チャンスが手から零れた男のMotoGP

   

イアンノーネ スズキに移籍....か?
等とSPEED WEEK辺りにはそんな事が書かれてたりするのだけども、どんなもんなんだろう?

ビニャーレスがヤマハ入りする前提で話は進んでる。
多分その通りに行くんだろうけど、実際にはどうなんだろうか。

一重に、タイミング良くチャンスを掴んだかどうかが全て。
この世の何事に対しても言える事なのだろうけど、タイミング良くチャンスを掴んだ人がより良いステップへ上がれる。

そのチャンスを一番良いタイミングで掴んだのがビニャーレスだろう。
ランキング3位で終わったMoto2から1年でMotoGPクラスに上がり、出戻り1年目のスズキと言えどいきなりファクトリーのシートを獲た時点で大きなチャンスを掴んだと言えるが、今度はさらに昨年王者のヤマハファクトリーのシートをもその手に。

オフシーズンのテストから好成績を挙げて、決勝レースの結果こそまだ表彰台には一歩届いて無いとは言えど、今この時点において最も大きな可能性を感じさせる存在感を見せ付けたと言える。
誰しもが思っただろう。
ビニャーレスは大成すると。
そして、スズキ以外ならもっと速く走れると。

スズキに残ろうよと思ってる人も沢山居るだろうけど、逆に確実に勝てるバイクに乗るビニャーレスも見てみたいって層もきっと居るだろう。
チャンスを掴んだ、と言われるこの若者の今後に期待したい。
実際にヤマハに行くかどうかは解らないけどね。
多分行くだろうけど。
そりゃ来いって言われたら行くわなぁ。

ただの人数あわせのモブライダーから着実にステップアップしてファクトリーのシートを掴んだエスパル兄ちゃん
サテライトで存在感を出してファクトリー入りしたイアンノーネ

そんなチャンスを掴んだ人間が居る一方、チャンスが手からこぼれた人間も居るのがGPの世界。

ホンダサテライトからアプリリアに流れてった2人。
スズキファクトリーからホンダサテライトに入ったバウティスタと、moto2からホンダサテライトに入ったブラドル。
共にレプソルホンダ入りの噂すら無く、チャンスに指を掛ける事すらなくアプリリアへ。
ブラドルに至っては、フォワード経由で。

もっとも、アプリリアも意外と戦闘力は増しつつあるので、アプリリアもそのうちトップ6くらいの圏内には十分入れる可能性も高い。
ファクトリーとして最低限のリザルトは残せる程度には。

それまでアプリリアの体力が持つのか?
そしてその頃にブラドルとバウティスタはまだ生き残ってるのか?
それについては何とも言いがたい所なのだけど。

1シーズンを捨ててテストライダー勤めたけどシートは得られなかったドプニエ
レプソル入り濃厚か?と思われたけどパっとしなかったレディング
首が涼しく成ってきたジャックミラー
もうそろそろ慣らし運転も十分ですよと言われてるラバト
そして、プレシーズンテストでは大きく期待されたのに一番大事な局面で怪我してチャンスを棒に振ったペトルッチ

チャンスを掴んだ人間が居る一方、チャンスが手から零した人もまた何人も。
否、有る意味チャンスを零した人間の方が多いと言えるだろう。

そしてこの人もそんな一人。

0426pol1

エスパル弟。

現在、テック3でYZRを走らせてるポルエスパルガロ。
ご存知の方も多いだろうが、実は彼はヤマハと直接契約しているライダーだ。
つまり、ロッシかロレンソが居なきゃ青い方のYZRに乗ってたって事。
現在はファクトリーの参戦台数は2台と決まってるので、ちょっと前までのレプソルホンダみたいにファクトリー3大体勢が作れない為のテック3所属と、そんな形に成ってる訳だ。

つまり、テック3に在籍してテック3のYZRに乗ってるファクトリーライダーと言っても間違いでは無い。
同じテック3のブラッドリースミス氏とはちょっとだけ事情が違う。

何年も前から話が出てたロレンソのドゥカティ移籍。
それが遂に実現したので、本来ならばポルがそのシートにスライドするのが筋ってもんだろう。
最もシンプルな方策。

ただ、この男はテストからどうにもパっとしない成績で、ビニャーレスの輝きとは対照的にとても地味な存在に。
シーズンが開幕してもいまいちパっとしない。

ただリザルトに関しては、周りがボロボロと自滅するなか、堅実にポイントを重ねてインディペンデントライダー(ファクトリー以外)でのランキング1位、総合でもヤマハとホンダの計4名に次ぐ5位と上出来では有る。
他のサテライトは勿論、スズキファクトリーのお兄ちゃんやビニャーレスをも凌ぐ好結果を残してるのだけども、これがいかんせんとても地味。
何となくそこに居るってだけで、予選でも決勝でもキラリと光る物が何も無いくらいに地味。

確実にゴールして、着実にポイント積み重ねて、確実に結果へと結びつけるのがプロフェッショナルライダーの大きな責任で有り最大の仕事なのだけども、この地味過ぎる存在感は如何ともしがたい。
まだバルベラの方が余程目立ってる気がする。

0426pol2

1ドルで楽しむべー

まだ4戦終わったばかりじゃないか。

等と、そんな悠長な事は言ってられない今期はプレシーズンテストからもっと存在感を出す必要が有ったのだけども、それは今更なのでロッシ引退後の2019年のファクトリー入りを目指して頑張って欲しいと思う。
随分先の話だけど。
でもその頃にはアレックスリンスと争う事に成りそうな気がしないでも無かったり....

重ね重ね思う。
なんでもっと早くから結果出さなかったかなぁって。

いっそ、スズキファクトリー入りして兄弟仲良くいちゃいちゃしながらスズキで走るのが良い気もする。



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE