ザルコの現況

f○x△xing sxxt in chassis, f○x△xing sxxt in controlling power!

(自主規制により一部を伏字)


と、ちょっとピットで荒ぶってしまったフレンチジェントルマンのザルコ。
現在の如何ともし難い現状にちょっとお怒り状態。
もうカンカン。
フレンチカンカンですわ。


そんなザルコへの一筋の光明と成る、かも知れないのがこの人の存在。
元モトクロス世界王者&スーパークロス王者、その後GP500も走り、そしてルマンとボルドールの24時間耐久で勝利したフランスの英雄、ジャン=ミシェル・バイル。

この前のヘレスで正式に決まった、ザルコとの合体。
悩めるザルコのコーチとして就任する事に。

小僧だった頃から一緒だったピエール瀧っぽい人との別れの影響が大きかったのか、それともKTMが単にアレなだけなのか?或いはその両方なのか。

ともかく、KTMの抱えるfxxxxing sxxt in chassisは一朝一夕にどうにか成る話では無いのだけど、せめて苦笑いでは無い笑顔が見せれるようには成って欲しいなと、私は願って止まないのだ。
ザルコには幸せな笑顔に包まれて欲しいなと。
そう切に願うばかり。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする