イアンノーネは目覚めたか~MotoGPアッセン WUP~

今回、初日は絶好調だったイアンノーネ。
遂に目覚めたかと思われたものの、FP3で残念ながらQ1行き。
とは言え12番手と、理論上はQ2にも上がれるタイム。
理論上では。

だが、予選Q1は自身のFP3タイムにも届かない1’33.960で10番手。
シャリーンにも負ける11人中の10番手と絶望の結果。
7列目、20番グリッドと、本来イアンノーネが居るべきでは無い位置に。

4列目、上手く行けば3列目も不可能では無いかもね?
って初日からまさかの急転直下7列目。
なんてこった。
どこでどうボタンを掛け間違ったんだろうね。

レース前のウォームアップ。
トップは乱高下のビニャーレス。

1 Maverick Viñales SPA Monster Yamaha (YZR-M1) 1’33.677s 12/13 304k
2 Andrea Dovizioso ITA Mission Winnow Ducati (GP19) +0.345s 12/13 308k
3 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1)* +0.365s 8/8 296k
4 Marc Marquez SPA Repsol Honda (RC213V) +0.550s 12/12 305k
5 Alex Rins SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +0.577s 11/12 305k
6 Pol Espargaro SPA Red Bull KTM Factory (RC16) +0.655s 12/13 305k
7 Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) +0.738s 11/11 302k
8 Danilo Petrucci ITA Mission Winnow Ducati (GP19) +0.740s 9/10 304k
9 Joan Mir SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR)* +0.747s 12/12 300k
10 Franco Morbidelli ITA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.773s 8/13 298k

今大会は、初日のトップタイムから始まり予選は2番手1列目スタートと好調を維持。
ヤマハ向きだとマルケスも言ってたアッセンにおいて、ファクトリーとしてルーキーには負けてられんぜと今回は絶好調。

だが、そこは乱高下のビニャーレス。
肝心のスタートで集団に飲み込まれて気づいたら終戦を迎えてた、なんて展開に成らない事を祈るばかりだ。

絶好調のリンスは5番手、ポルが6番手、そして我等が中上君は続く6番手と確実にセカンド集団の一角の常連と成ってる。

肝心のイアンノーネは、終盤までは11番手辺りと善戦してたものの、最後に伸び悩んで15番手。
今日もスマンかったザルコは16番手とスマンかった。

果たして乱高下のビニャーレスは決勝もソツ無くこなすのか?
ポールシッターのスーパールーキーが初勝利を挙げるのか?
そしてイアンノーネは目覚めるのか?

決勝は日本時間21時~(予定)
急な天候悪化は起こらない事を祈りつつ、今夜の本番をお楽しみに。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする