免許は無くてもレースは出来る

ペトルッチがバイクの免許を取ったそうで。

ちなみにMFJの場合でも、運転免許証を持ってなくても公認講習会を受講すればライセンスは発行される。
原付免許を持ってたらそれが免除されるので、大体は持ってると思うけどね。

なお小型特殊免許(耕運機やトラクターや小型のロードローラーだ!専用の免許)は除外なので、どうせなら原付免許を取っておこう。

通常、サーキットやモトクロスコース等のクローズドコースで行われるレースは免許証は無くても問題は無い。
でも、先月に伝統と格式の浅間山で行われたMFJ東日本エンデューロ選手権第3戦 

<metzeler-東日本-第3戦-lites-kyt-helmet長野原大会>の写真/

や、9月の日高2デイズは公道エリアを含むので勿論免許証は必要。
まぁHTDEに出ようって人で免許持ってない人はきっと居ないと思うけれど。

なお公道を走るのでバイクは保安部品とナンバーの付いたストリートリーガルしか出れない。
自賠責も必要。
バイク保険はきっと降りないのでどっちでも良いんじゃないかな。
どうせ降りないし。

元気がなければ何も出来ないけれど、免許は無くても一部を除いたレースは出来るので、免許をお持ちでない方もバイクレースをぜひどうぞ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする