メランドリ、引退するんだってさ

メランドリがSBKへ主戦場を移したのは2011年。
当時はDucati一強時代から、ヤマハにホンダにスズキにアプリリアにと、華やかな顔ぶれの時代へと移行してた頃。

メランドリが入ったのはヤマハファクトリー。
2009年以来のタイトルを獲得するべく、鳴り物入りでSBKデビューを果たす。

優勝4回を含む15度の表彰台獲得でデビューイヤーにランキング2位と、流石の才能を発揮する。
お洒落なメガネは伊達じゃない。

流石はメランドリ。
来年のチャンピオンは確実だな。

そんな空気が流れたある日の事、ヤマハから無情の発表が成される。

『すんません、GPに金掛かるんで今年でSBK止めますわ』

と、メランドリまさかの2年ぶり2度目の倒産。
折角ランキング2位取ったのにぃ!

メランドリが次に流れ着いたのはBMW。
それまでのBMWはSBKレジェンドのトロイ・コーサーを持ってしても、10番手ちょいが精々な成績。
ツーリングバイクメーカーがスーパーバイクに何の用だ?と言われて仕方ない。

だが、そんなツーリングバイクメーカーのバイクに乗ったメランドリは、ここでもその才能を嫌って程に発揮し、初年度ランキング3位、翌年ランキング4位と、10番手ちょいが精々だったBMWを一気にトップチームへと引っ張り挙げた。

だが、二度有る事は三度有る。
2年ぶり3度目と成るファクトリー撤退。
何か憑いてるんじゃ無いのって感じでまたもやメランドリのチームは消滅。

BMW Motorrad Motorsport撤退により、メランドリはアプリリアへと流れていく。
GP500時代のヤマハ、ホンダ、ドゥカティ、カワサキ。
そしてSBKでのヤマハ、BMW。
さらにアプリリアも追加され、これでスズキ以外の全てを経験する事に。
まだKTMもアグスタも参戦してなかったからね。

メランドリが移籍した2014年は、チームメイトのギュントーリが見事にSBKタイトルを獲得する。
メランドリも6勝と善戦したものの、ランキングは4位。

でもやはりメランドリは強い。
来期こそはさらなる高みに上るのも間違い無いだろう。
イタリアンバイクを駆るイタリアンライダーが頂点に立つ日も時間の問題。
ドゥカティでの苦い思い出を払拭するのも時間の問題だ。

と思いきや、このタイミングでまさかのアプリリア縮小のお知らせ。
ファクトリーの形を保ってはいるが、事実上チームはRed Devils Romaへ。
ライダーはジョルディ・トーレスとレオン・ハスラムにチェンジ。
メランドリは、まさかのMotoGP出向を命じられる。

いきなりGPを走らされたメランドリ。
しかもSBKに毛が生えた程度のバイクに乗せられたメランドリは、最高成績18位と地獄の底でのたうち回る事に。
シーズン途中にフォワードレーシングのオーナーが何か有った事件によりチームが消滅したブラドルが途中より加入し、メランドリはそのまま首チョンパ。
望まないままGPに連れて来られて、ちょっとも走らないバイクに乗せられて、挙句の果てにクビ。
なんて不憫な扱い。
むごい、あまりにむご過ぎる結末。

やさぐれたメランドリは、一時ガラの悪そうな人達とツルんで何かやってたけれど、2017年に再びドゥカティファクトリーへ加入する。
妥当ジョナサン・レイに熱く滾る、チャズ・デイビスの相棒として。

初年度は優勝1回表彰台13回とランキング4位。
2年目は開幕2連勝と幸先良いスタートを切ったが、幾つか取りこぼしてランキング5位。
でもファクトリーとして最低限の成績を修めたので、次が有るさと言ってる最中に無情のクビ宣告。
バウティスタを取るからスマンかったなと。
明日なんて無かった。

順風満帆に始まったメランドリのレース人生。
だが、GP500でもSBKでも、頂点を手に出来そうで出来なかった。
時にボタン掛け間違え、時に大人の事情で翻弄され、手からコロリと栄光が零れ落ちたメランドリ。
ほんの少し、何かが違ってたら確実に頂点に手が届いたのに。
あとほんの少しだけ、ほんの少しだけ何かが違ってたら。

でも私は忘れない。
バイクレース界で最も不憫なこのお洒落メガネの事を決して。
決して、忘れないよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする