2019 MotoGPルーキータイトル争い~Rd.11 オーストリア

マルケス兄弟のダブルウインを決めたチェコGPの再来が期待されたオーストリアGP。
だが今回は、ブラッド・ビンダーとドヴィさんにそれぞれしてやられてマルケス兄弟のダブル2位と言う、狙っても中々成し遂げれない結果に。

ルーキーのクアルタラロは途中までトップを走ったものの、昨年までのザルコと同様、周回を重ねるごとに地力の差が現れ、終わってみればちょっと手が届かない大きな差と成る。
ルーキーと経験豊富なトップライダーとの違いなのか、それともサテライトとファクトリーとの違いなのか。

でも、ともかく今期3度目の表彰台を獲得と好調を維持。
これだけ結果を残しても92ptでランキング7位ってのは信じられないけれど、ロッシの103pt、ビニャーレスの102ptにはすぐに追いつく、かも知れない。
かもね。

オーストリアGPまでの獲得ポイント

総合順位 ライダー QAT ARG  USA SPA FRA ITA CAT NED GER
7 Fabio QUARTARARO 16(0Pt)  8(8pt)  7(9pt) 9(7pt) 10(6pt) 2(20pt) 3(16pt)
13 Joan MIR 8(8pt) 17(0pt)  – 16(0pt) 12(4pt)  6(10pt) 8(8pt) 7(9pt)
15 Miguel OLIVEIRA 17(0Pt) 11(5pt)  14(2pt)  18(0pt) 15(1Pt) 16(0Pt) 12(4pt) 13(3pt) 18(0pt)
16 Francesco BAGNAIA 14(2pt) 9(7pt) 14(2pt) 17(0pt)

総合順位 ライダー CEZ AUT 合計ポイント
7 Fabio QUARTARARO 7(9pt) 3(16pt) 97pt
13 Joan MIR  – 39pt
15 Miguel OLIVEIRA 13(3pt) 8(8pt) 26Pt
16 Francesco BAGNAIA 12(4pt) 7(9pt) 24Pt

今年のルーキー勢はとても成績が高い。
昨年トップのモルビデリの50ptを大きく上回る成績。
なんせ5人中、1ポイントが1人と0ポイントは1人って絶望の結果だったのだから。
それに比べりゃ今年は遥かに成績が高い。

もうどうしようも無い程に水を開けられたルーキータイトル争い。
後は何処まで成績を上げれるか。
それにより再来年の運命が変わってきそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする