2019 MotoGPルーキータイトル争い~Rd.14 アラゴン

5位で終わったクアルタラロは、手堅い結果だったけどちょっとがっかりした。

と、もはやトップオブトップな雰囲気さえも漂わせる雰囲気。
もはやルーキーの枠じゃ無い。
目下の問題は、再来年にヤマハファクトリーのシートが空いてるかどうか。
すべてはそこ。

KTMなら少なくとも1つは空いてそうだけど、特にお勧めしないのでヤマハに空きが出る事を祈りたい。

アラゴンGPまでのルーキー獲得ポイント

総合順位 ライダー QAT ARG  USA SPA FRA ITA CAT NED GER
7 Fabio QUARTARARO 16(0Pt)  8(8pt)  7(9pt) 9(7pt) 10(6pt) 2(20pt) 3(16pt)
13 Joan MIR 8(8pt) 17(0pt)  – 16(0pt) 12(4pt)  6(10pt) 8(8pt) 7(9pt)
16 Francesco BAGNAIA 14(2pt) 9(7pt) 14(2pt) 17(0pt)
17 Miguel OLIVEIRA 17(0Pt) 11(5pt)  14(2pt)  18(0pt) 15(1Pt) 16(0Pt) 12(4pt) 13(3pt) 18(0pt)

総合順位 ライダー CEZ AUT GBR RSM   合計ポイント
7 Fabio QUARTARARO 7(9pt) 3(16pt) 2(20pt) 5(11Pt) 123pt
13 Joan MIR  – 8(8pt) 14(2Pt) 49pt
16 Francesco BAGNAIA 12(4pt) 7(9pt) 11(5pt)   16(0Pt) 29Pt
17 Miguel OLIVEIRA 13(3pt) 8(8pt) 16(0pt) 13(3Pt) 29Pt

MotoGPルーキータイトル争い
なんてタイトルで、毎回こんな地味な話書いてるけれど、もはや形骸化してる状況。

でも、来年はこのまま行けばブラッド・ビンダーしかルーキーが居ないと言う、一体どうしたもんかってシーズンと成る。
まぁそれに比べりゃ全然マシだよねと、自分に言い聞かせつつ、次戦タイGPへ続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする