Talk to the hand

ちょい濡れで行われたウォームアップ。
アラゴンMotoGPクラス。

天気は良いけど雨上がりな微妙なコンディション。
皆様安全第一の中、気合の走りでビニャーレスがトップ。
漲る気合で今回は行方不明に成る事無く、フロントローのアドバンテージを生かせるか。
何時ものように、途中でどっかに行方不明に成らない事を祈りたい。

クラッチロウ、ミル、バグナイアと続き、マルケスは皮剥きショーに徹する。
タイムは特に参考には成らないと思うので割愛。

ここで残念なお知らせ。

https://www.motogp.com/ja/news/2019/09/21/エスパルガロ弟が左手首を骨折/310287

橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)により、ここ最近上り調子だったポルが欠場。
折れ方によってスミス骨折とかバートン骨折とかって呼ばれる、バイクで転んで手を着いた時に良くある骨折。
幸いに私は経験無いけど、周りには結構居る。
複雑な動きする手首を固定するからリハビリが大変なんだよね。

治療は、軽度なら麻酔して整復(グキ!って手で戻す)してギブス固定。
ちょい重症なら経皮的鋼線刺入固定術=整復してから皮膚の外から骨にドリルで穴を明けてステンレスのピンで骨を繋ぐ方法。
あるいはいっそ開いてチタンプレートとビスで固定。
このいずれか。

通常は4週以上の固定なので、再来週のタイはお休み。
モテギでギリ行けるかどうか、微妙なライン。

ただ、折れたのは不幸中の幸いにも左手。
骨の1本や2本折ってても走るのがスーパー超人MotoGPライダー。
もしかしたら気合と根性で再来週のタイにも出てくるかも知れない。
右手なら流石に厳しいとは思うけれども。

でもやはり欠場と成ったら、すでにカリオさん使ってるKTMはちょい困った所。
今更ザルコを呼び出すか、それとも遂にペドロさんを招集するか。
あの、嫌だー嫌だとカオナシみたいな事言ってるベドロさんを説き伏せるか。
遂にペドロリターンするか。

Terminator 3 – Talk to the Hand

その辺りどうするねんって事は、ポルの左手に言ってくれって事で。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする