人類総観光客

以前、こんな話を書いた。

北海道のとある所、ソフトクリームが美味しいと評判の店で私はセローを停めた。 先月の事。 ご存知な方はご存知だろうけど、始...

いちいち開けるのも面倒な、息するのさえ面倒な人向けに要約しておくと、北海道ツーリングで出会った荷物満タンにしてホクレンの旗をピラピラさせてる関東ナンバーのお兄さんから、○○(某有名景勝地)は観光客が多いから嫌だ!と言われたって話し。

ツーリングライダーには、何かしらの自尊心、或いは自負、プライドって奴が有る。
バスツアーの爺さんとはオレは違うよ、ってそんな思いを抱いたり、なんて事も。

傍から見たら特に変わりは無いんだけどね。
バスツアーだろうとレンタカーだろうとツーリングライダーだろうと五体投地しながらの巡礼の旅で有ろうと、るるぶ北海道に載ってるソフトクリーム屋に来てる以上は何の変哲も無いただの観光客なのだから。

でもツーリングライダーには、オレはちょっと違うよって感を抱く気持ちが有る。
バスツアーとは違うよ、ちょっと違うよ、一味違うんだよ、って、そんな思いを抱いてしまう気持ちは勿論私にも解る。
別にツーリングライダーでも無い私にもその気持ちは解るさ。
北海道をセローでちょろっと走ったけれど、実は飛行機で千歳まで飛んで車で周ってたグータラな私にもその気持ちは解るさ。

あ、そうそう、上の過去の記事にも書いたけれど、あの時は飛行機で千歳まで行って、フェリーで先行してた車に迎えに来て貰って、途中で自転車とセローを積んだハイエースと合流してセローでちょろっと走った、と言う世間のツーリングライダーからは顰蹙買いそうな、膝カックンされそうな、そんな道程だったりする。

次回もそのパターンで行けたらイイんだけど、既にハイエースを手放してるので、ちょっと難しいかも知れない。
KSRならまだしもセローを積んでってくれと誰かにお願いするのはちょっと難しいか。
かと言って私の車には積めないし。
だからとタウンエースで北海道走るのも勘弁だし。

さてどうしたもんか。
このグータラな自分自身を満足させられる最善策は見つかるのだろうか。

0205souke

元町に行ってきた。
今回は餃子では無く豚まん。

神戸元町中華街の豚まんと言えば老祥記が余りにも有名なのだが、ここは広場を挟んでその向かいに有る幻の店=曹家包子館(ソウケパオツーカン)幻の椎茸豚肉包。

私のお気に入りは断然こちらのマイノリティな方。
ちょい値上がりして今は1個100円だったかな。

空いてるし、店は綺麗だし、油っこくないし。
私は断然こちらが好きだ。
別に、私は君たち観光客とはちょっと違うんだよ、的な訳では無くて。
どっちにしても中華街なんて観光地なんだから気にしない。

ちなみに老祥記と言う超有名豚まん屋が向かい合ってるけれど、ここも店の母体は同じく老祥記なので、別にこの両店はライバル関係って訳では無い。
キャピュレット家とモンタギュー家のように抗争してる訳では無い。

定休日は毎週火曜日。
火曜日が祝日の時は翌日が休み。

なお、日曜と祝祭日はこちらの店でも老祥記の豚まんを販売するので椎茸豚肉包の販売休止とされる。
そして老祥記の定休日で有る月曜日も、この曹家包子館で老祥記の豚まんを販売するので椎茸豚肉包の販売休止とされる事が多い。
それが幻と言われる所以。
マイノリティは何かと迫害されるものなのだ。

神戸の中華街で豚まん食べるだなんて観光客丸出しなチョイスにちょっと照れてしまうのだが、飛行機で数時間掛けて来ようと、阪神電車1本で15分で来ようと、観光客で有る事に何ら違いは無いので、まぁ気にしないようにしておく。
どちらにせよ、何の変哲も無いただの観光客なのだから。

『お姉さん、どこから来たの?』

と、中華ちまき屋のおじさんから声掛けられて『ちょっとその辺から』と答えてしまう私も、誰が何と言おうとも何の変哲も無いただの観光客なのだから。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする