10ドルで楽しむべー

最近、カーオーディオを買った。
とある中古車に付いてたナビが壊れてたので、1Dinサイズの普通のオーディオと小物入れに変更しようかと思い。

買うのは勿論中古。
当然ヤフオク。

って、大きな声で言うような事でも無いけれど、まぁ何だってイイやとヤフオクで壊れてなさそうなのを適当にチョイス。
とまぁ適当に良さそうなのをお気軽に購入しようかと気楽に考えてたんだけど、山ほど有るオーディオから一つを選ぶのってこれが中々に大変。

ズドゥンズドゥンと重低音鳴らす傍迷惑な人はそれなりにこだわりは有るのだろうけど、純正スピーカーでMP3を鳴らすだけのヘッドユニットなんて、何だってイイやって言えば何だってイイ。
何だってイイ分だけ、じゃぁ何にするかってのはこれが中々。
何だってイイとは言えども中々難しい。

何が良くて何がいまいちなのか?
ケンウッドかカロッツェリアで、CDとUSBが使える1Dinサイズのヘッドユニットって条件で探したのだけど、同じ様なのがゴロゴロ出てきて結局は良く解らないってのが正直な所。
正体不明の中華タブレットよりも違いが良く解らない。
解る人はきっと解るんだろうけど、まことに残念ながら私には何が何だか。
もう何が何だか。

まぁ数百円円+送料だったのでまぁイイやって思う。
とは言え詳細は良く解らないけれど正体はハッキリしてる大手ブランドのヘッドユニット。
ラジオもCDもUSBに入れたMP3も綺麗に聞けるので何ら不満なんて無い。
これ以上、一体何が必要なんだってくらい。

スタンダードモデルのヘッドユニットは新製品開発は大変そうだね。
カセットからCDが付いて、DATやMDを経て、今はCDに加えてUSBとSDとAUXで決着が着いたような雰囲気。
これで恐らく当分は変わり無さそうなので、新たな製品を投入するのは中々に難しそう。
これ以上の進化は、会話が出来るかマイナスイオンを出すか、って位しか無さそうだ。

流石に1ドルで楽しめる程にリーズナブルではなかったものの、概ね10ドルくらいで快適なオーディオが手に入れられたので十分に満足。
でもこのオーディオ用変換ハーネスの方が高かったりして、ちょっと複雑な気分だったりするのだった。

意外と高くて、思わず純正ハーネスをブチ切ってコネクターつけてやろうかな、って思ったくらい。
ちょい複雑な気分だったりする。
本体よりも高いとは。
あらやだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする