もう2020年は始まってる

昨日2019年のMotoGPが終わったばかりなのに、もう2020年シーズンが始まってる。
それ所か、すでに2021年のシートの行方、なんて話まで持ち上がってたりして。
気が早いもんだ。

バレンティーノ・ロッシは2021年のライダー移籍市場があまりに“早く”動き出すことを恐れていると話した。

ロッシさんは語る。

「僕にとって、それ(ライダー移籍市場の早いオープン)は少し問題だ。なぜなら来年の移籍市場はとても早くに動くと思われるからだ」と、ロッシは近年の契約事情について話した。

この拙速な動きはそもそも誰が始めたんだ?
誰のせいだ?誰の!
と、何処かから声が飛んで来そうな気もするけれど、ともかく昨今は物事の流れが早い。
開幕数戦、遅くとも日本の梅雨明け頃には明確な結果を残さないとルーキーだろうと夏にはクビに成ってるものね。
サム・ロウズのように。
なんて無慈悲な世界。

ともかく、実績の無いライダー、或いは首筋にスースーした風を感じるライダーは、開幕ダッシュが何よりも重要と成る。
ここで明確な結果を出さなきゃ成らない。
秋に頑張った所で時既に...って奴だ。

と言う訳でとても重要な開幕戦までのテストの日程。

11月19日~20日:バレンシア/オフィシャルテスト/2日間

11月25日~26日:ヘレス/プライベートテスト/2日間

2月2日~4日:セパン/シェイクダウンテスト/3日間

2月7日~9日:セパン/オフィシャルテスト/3日間

2月22日~24日:ロサイル/オフィシャルテスト/3日間

ここで頑張って結果を残しておく事が大事。
出来れば今年中に良い結果を残して、爽やかな気持ちで新年を迎えたい気分だ。

でも残念ながらバレンシアで怪我を負ったバグナイアと、未だ腕を固定してる我らが中上君は、2月のシェイクダウンテストは初ライディングか。
この遅れが響かない事を祈りたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする