レプソル兄弟確定

ついに確定。
お披露目は本日のバレンシアテストから。

ただ今回は2019年型の真っ黒213VでLCRのピットを使うとか。
レプソル兄弟として仲良く並ぶのは正確にはちょい後に成りそう。

なお、契約は1年。
血も涙も無い訳では無いホンダだけど、トップオブトップのライダーとしてそれなりの結果を求められそう。
全てに余裕が有るからか、他所ほどに無慈悲では無いにせよ。

でも、少なくとも同じスペインの同じイチャイチャ兄弟で有るエスパル兄弟には勝たねば成らない。
それが最低限のライン。
MotoGP兄弟対決を制するのが至上命題。
今後、ロウズツインズ、そしてビニャーレス親戚との熾烈な戦い....が有るかどうかは知らないけれど。

さてザルコ。
私の思いは常にザルコ。

ラバトをクビにするからアヴィンティアに乗るのはどうだ?
と、ラバトに取っちゃ何言ってんだよって事を言われてたけれど....

そんなCクラスのチームなんか遠慮しとくわ。
ドゥカティに乗れって言われたら喜ぶけれど、ラバトのバイクに乗れと言われたら家帰るわ。

とかそんな事を言ってたザルコ。
ラバトに取っちゃ何言ってんだよ(パート2)って事をおっしゃったザルコ。
やさぐれザルコ。

んじゃ、ラバトをクビにしてペトルッチをアヴィンティアに乗せて、ジャックミラーをドゥカティファクトリーに入れてザルコをプラマックに入れよう。

そんな、ラバトに取っちゃ何言ってんだよ(パート3)&今度は今年イタリアで優勝したペトルッチまでもがおいおいって言いたくなる話が出てきたり。
折角今年はファクトリーライダーとしてランキング6位の最低限の結果を残し、母国のイタリアで初優勝して、そしてバイクの免許証まで取って頑張ったのに。
後半が悪かったからちょい印象悪かった。
最後に転んでホンダにトリプルクラウン持って行かれたのも印象悪かった。
結構頑張ったのにね。
後半が悪かったからちょい印象悪かった。

やっぱりペトルッチ。
相変わらず扱いが悪い。
ペトルッチには何やってもイイと思ってるのかも知れない。
ああ、なんて扱いの悪い事。

そんなこんなの血も涙も無い話もチラっと上がってたけれど、結果的にはそれも流れて、どうやらMoto2でアレックスの空いたシートに入る路線が濃厚そう。
チャンピオンチームなので、乗った事の無い3気筒にちゃんと適応出来たら再浮上の可能性は濃厚。
でもMoto2の乗り方を忘れてたら....そりゃスマンかったと言う事で。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする