さらばモジャモジャ

モジャモジャした頭のライダー達。

古くはロッシ。
あの悲劇が記憶に新しいシモンチェリ。
そしてモルビデリ。
一時はスッキリ散髪して、モジャモジャと共に存在感さえも失ってしまったが、QBハウスのクローゼット下に吸い込まれてしまったが、モジャモジャが復活すると共に存在感もモジャモジャと濃くなり、今やすっかり元のモジャモジャ。
やはりモルビデリにモジャは欠かせない。
現在のモジャモジャライダー枠はモルビデリに決まりだ。

モジャモジャ頭のライダーは、各時代に一人....とまで言えるかどうかはアレとして、まぁ時々は居たよねって話。

現在、世界のモジャモジャライダー界における頂点はやはりこの人。
名はブラッドリー・レイ。
BSB=ブリティッシュスーパーバイクで一時大爆発した期待のヤングライダー。
ブラッドリーって名前に人もレイって名前に人も別に居るので間違えないように。

この有り余るモジャモジャをもう一人のブラッドリーさんにお裾分けしてあげちゃくれないかと、そんな声も何処吹く風、モジャモジャライダー界のキングとして君臨する男。
1997年生まれと、アレックス・マルケスより一才年下の若者。
モジャモジャがまだまだ元気な22歳。
まだまだモジャモジャが衰える事は無い。
アッチもソッチもモジャモジャですわ。
もうえらい事に成ってますわ。

そんなモジャモジャした人が、スズキをサラバしてBMWに移ったよ、ってニュース。

Tyco BMW are a Northern Ireland based race team and are the official representatives of BMW Motorrad in the Bennetts British Superbike Championship and on the I...

チームは名門Tyco BMW。
事実上、BSBにおけるBMWファクトリーと言って差し支えない、ような感じ。
なんとなくそんな感じ。

8耐にも2度参戦。
一度は2018年のヨシムラ、そして2019年はモトマップから。
BMWに移った来期はもう日本でモジャモジャが見れる事は無いけれども、逆にスズキを出た事でSBKへの道が開けたと言えなくも無い。

今にも出そう?でも出ないの?やっぱ出るの?結局出ないの?
肉ばっか食べてる人みたいに、スズキは出そうで出ないからね。
中々SBKへ出てくれないので何時までも残っててもね。
まだSBKで気合入れてファクトリー活動を行ってるBMWの方が遥かに道は開けるってもんだよ。
まぁ、成績次第....だけど。

現在、SBKでのBMWファクトリーライダーのヒゲモジャさんはまぁまぁイイ歳に成って来たので、SBK世代交代の為にも来期はBSBでタイトルでも取って2021年にSBKへとやって来て欲しいなと、そう思う。

個人的には、とても可愛い、とてもとても可愛いマッケンジー家の次男、テイラー君に頑張って欲しいんだけどね。
でも....どうだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする