ジョナス・フォルガー 何だかんだでヤマハに乗る

ザルコ騒動の余波を食らってかヤマハのMotoGPテストライダーを突如としてスマンかったされたジョナス・フォルガー。
Moto2に行くのかな?なんて言われてたけれど、何だかんだで2020年はヤマハに乗る事に決まった模様。
ただしR1。
ただしドイツスーパーバイク=IDMで。

IDM, Superbike- und Seitenwagen-WM – Bonovo action by MGM Racing startet in der nächsten Saison mit Top-Piloten durch.
 IDM Superbike statt MotoGP heißt es für ...

日本には日本のスーパーバイクが有り、イギリスにはイギリスのスーパーバイクが有る。
ご存知アメリカも有り、イタリアも、そしてオーストラリアにも有る。
勿論の事、ドイツにも有る。
ミッキーマウスは世界に一人っきりだけど、スーパーバイク選手権はあちらこちらに有るんだ。

Die offiziellen Termine, News, Ergebnisse und Berichterstattungen zu den Rennen der IDM 2018. Mit Live-Timing und Live-TV bist du aktuell informiert.

特徴は多彩なカテゴリー。

・Superbike 1000
・Supersport/Superstock 600
・Supersport 300
・Sidecar
・Suzuki GSX-R 1000 Cup
・Twin Cup
・BMW Motorrad BoxerCup

現在行われてるのはこんな盛り沢山。
サイドカーなんてのが有るのがヨーロッパっぽい、ドイツっぽい。

歴史は古く、GPレースが行われたのは1924年。
甲子園球場が完成し、レーニンが死去した頃に遡る。
もはや歴史の教科書に載ってるレベルの時代。
走ってるバイクはImperiaとかSchüttoffなんかの古代文明バイクばっかりな時代。

第二次大戦中はそれどころじゃ無いので勿論中止されたが、戦後のちょい後から再開され、マーチン・ウイマーやアレックス・ホフマン等のドイツ人ライダーを輩出している。

近年では、2005年にステファン・ブラドル、2008/2009年にマルセル・シュロッター、そして2011年はジャック・ミラーがそれぞれ125ccクラスのタイトルを獲得している。

プロダクションレースは1983年からスーパーバイククラスがスタートしてる。
実はBSBよりもこちらの方が1年早かったりする。
こちらは2019年にBMWファクトリーからSBKに参戦してたライターベルガーがタイトルを取っている。

ドイツ人に取っては馴染み深い選手権。
ドイツ人のフォルガーがそこに居場所を見つけるのも自然な話なんだろうね。

TWIN CUPってのはこんなレース。

カワサキのER-6やスズキのSVなんかのレース。
2気筒で、カウルが無くて、アップハンのバイクで戦うレース。
もっとレース向きなバイクなんて幾らでも有るのに、空気抵抗に抗いながらわざわざこんな街乗りバイクでレースをする。
その反骨精神はドイツっぽい。

このフロントフォークを握るポジションは、大昔に何かの雑誌で読んだ記憶がある。
まだクリップオンハンドルが無かった時代、空気抵抗を減らす為にストレートでは左手でフロントフォーク握って伏せてるんだって記事を。
勿論、そんな歴史書に載ってそうな頃の話なんて知らないけれどね。
一体何時の時代の話なのさって。

さらにドイツっぽい、BMW Motorrad BoxerCupってのも有って、こんな素敵なバイクでレースを戦う。

見ての通りのボクサーだ。
転倒したらシリンダーヘッドがカチ割れる、非常にスリリングなレース。
こんなのでレースしたら勿体無いので飾っておきたい。
そんな私の気持ち。

こんなカフェレーサーカスタムでちゃんとレースを行うのだから、見てくれだけで無く勿論走りも完璧。
巻尺でフレーム測定して、目測でアライメントを確かめるアメリカ人とは違う。
機能面において、ドイツ人に抜かりは無い。
ドイツ人の仕事に抜かりなんて無い。
ビール飲んでイモ食ってるだけと思ったら大間違いだ。

こんなイカしたバイクで戦うのがBMW Motorrad BoxerCup。
伝統と格式の水平対抗エンジン。
やはりBMWは水平対抗エンジン。
ボクサーこそがBMWのアイデンティティ。

Ich bin BMW!(俺がBMWだ!)
Ich,Wir BMW!(俺が、俺たちがBMWだ!)
何ともドイツっぽい。

そんな母国のドイツスーパーバイクにジョナス・フォルガーが参戦する。
また、ニュースによるとSBKにもワイルドカードで出るかもよ、って言われてるので、オッシャースレーベンやアッセンで見れる、かも知れない。
かもね。

流石に日本でIDMを見るのは難しいけれど、SBKなら見れるのでジョナス・フォルガーファンの方はどうぞそっちをお楽しみにって事で。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする