2016鈴鹿8耐 ヤマハファクトリーの動向は?

 

昨年、2015年5月26日の事を覚えてるだろうか?
何が有ったか覚えてるだろうか?

0525suzuka2015

それはこの2人。
生え際がちょっと気に成るポル・エスパガロと、生え際ってレベルじゃ無ぇぞ!ってブラッドリー・スミス氏が、鈴鹿8耐参戦を正式に発表した日。
それが去年の5月26日の事。

さて、MotoGPの移籍話とは対極に、8耐参戦体勢が中々正式に発表されない今年。
今コレを書いてる段階では、ジョシュ・ブルックスと言う世間的には余り知られてないライダーの参戦は発表されてるが、肝心のザルコの発表はまだ。
来年のGPのシートの件も含めてなんかスズキとモメてるんだろうか?
どうなんだろう?

そしてホンダ(ハルクプロ)もまだ。
去年はケーシーストーナーと言う衝撃的なビッグスターを引っ張ってきたのだが、今年はまだ具体的な名前はサッパリ上がってない。
個人的にはニッキーヘイデンだろ?
前は2周程で終わったんだから、今年こそ完走と勝利目指して参戦だろ?
って思うけど、どうなんだろう。
SBKの日程的には問題ないのだけど。

カワサキは発表済みなので、問題はヤマハだ。
昨年、テック3の2人を擁して完全勝利を達成したこのチーム。
エースの中須賀に加え、後2人誰を出すのかがポイント。

本命はSBKでヤマハファクトリーから出てるアレックスロウズか?
ヨシムラからの8耐参戦経験も有る。

一説には、ポルを出してテック3にアレックス・ロウズを入れようって噂も有る、ヤマハとしては大事にしたいライダーの一人だ。
アレックス・リンスも欲しいけど、アレックスロウズも欲しい。
アレックス・マルケスは要らないよ。

ともかくそのアレックス・ロウズが最右翼か。
もう一人はシルバン・ギントーリ。
元SBK王者のギントーリ。

BSBに目を移すと、そこにはちょっと懐かしいジョン・ホプキンスの名前。
元スズキファクトリーでMotoGPを走ってたライダー。
火病持ちでバイクを蹴っ飛ばす事でお馴染みのあの人。

有るか無いかと考えたら、無いだろうなぁって思う。
今更ジョン・ホプキンスを応援してねと言われても、ヤマハシートに座るお客さんも苦笑いが止まらない。

0525rossi

と言う訳で、今年のヤマハの布陣は
中須賀、アレックス・ロウズ、バレンティーノ・ロッシ
この3人で決まりだ。

2000年、2001年にも出てるロッシの再登板しか無いだろう。
来期以降の契約も終えてるし、あの時と違って、今年はタイトル争いも、まぁアレだし。
体力的にも余裕が有るんだから、今年は出れると思うな。
ポイント的には何とも言えないけれども。

と言う妄想を振りまきながら、結局どうするんだろうって思う。
ロマーノ・フェナティとかルカ・マリーニとか出てきたら、それはそれで結構楽しみだけど、さらにそりゃ成さそうだ。

どうするんだろう。
結局の所。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする