Mig-29が欲しい

特にコレと言った悩みも無く、日々をダラっとすごしてるのだけど、懸案ってレベルの事は有る。
別に頭を抱えて悩んでる訳では無いんだけど。

その一つがコレ。

『トップガン マーヴェリック』新予告

続編作るよ!
でも「え~まことに遺憾では有りますが、今回のお話は無かった事に」
なんて事の繰り返されてきたトップガンの続編。
監督のトニー・スコットも....

ともかく、お流れが続いたトップガンの続編。
今回公開予定のこの映画もそもそもは昨年公開だった筈の映画。
流石にもう無かった事には成らないだろうけど、今度こそはちゃんと予定通り公開されるんだろうか?
って、ちょっと思ってる。
別に頭抱えて悩んでる訳でも無いけどさ。

こんなサムライアーマーまでラインナップしてるデアゴスチーニ。

バイク関連では

ご存知な方はそりゃご存知だろうが、ご存知じゃ無い片はそりゃご存知じゃ無いだろう。 そりゃそうだ。 デアゴスティーニって、実はイタリアがそ...

こっちに書いたバレンティーノロッシモデルのYZR M1くらいかな。
日本で展開してるのは。

Collectionnez les motos de MotoGP™ à l'échelle 1/18 !

製造してるAltayaでは1/18スケールではRC213VやDUCATIのGP15だかその辺りのスケールモデルも作ってるのだけど、日本のデアゴスチーニでの扱いは1/4スケールのM1くらい。
海外では初期型ハヤブサとか1299パニガーレなんてのも有るんだけど。

T-72や赤城と、割とセンスの偏ってるデアゴスチーニが選択した戦闘機はMig-29。
スピットファイヤは割りと一般的なチョイスだと思うのだけど、何故だかここでフルクラムと言う選択。

造形的にF22やF35は美しくなかったからなのか。
F15やF/A18は今更感が強かったからなのか。
ともかくMig-29フルクラム。
私は思う。
やばい、ちょっと欲しい。
と。

Su-27にせよ、この世代のロシアの戦闘機はやっぱり美しい。
スレンダーな機体にミサイルをむき出しでぶら下げて飛ぶ姿はやはり美しい。
今回のトップガンの主役機で有るF/A-18Eも良いけれど、やはりロシア機の造形は素晴らしい。

『基本的』にロシアの『戦闘機』は奇数が着く。
Mig-29の前身のMig-23も奇数。
後継のMig-35も奇数。
マッハ3で飛ぶMig-25も奇数。
F22のライバルに成る予定の、最新のSu-57も奇数。
そんな具合に『基本的』にロシアの『戦闘機』は奇数が着く。
トップガンの敵だったMig-28は、そりゃまぁ大人の事情って奴だよ。

初期型のMig-29フルクラムの初フライトは1977年なんだって。
かれこれ43年前。
~後期のM型を経て、現在はMig35が配備....されるかどうかは知らない。
一時期インドが配備するって話も有ったけれど、まことに遺憾ながらこの話は無かった事にな憂き目に。
どうなるんだろうね。

でも言える事は、やっぱりソビエトロシアの戦闘機は美しい。
見た目はばつぐんだ。

アメリカさんちのXナンバー機=X-32
まぁこれはこれで可愛いんだけど、F35が勝って良かったな、と思う。

あ、ちなみにデアゴスチーニのMIG29は、£39.99x24ヶ月。
122400円くらい。
中々に強気なプライスに、そっと画面を閉じる私。

え~まことに遺憾では有りますが、今回のお話は無かった事に。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする