Rが4つも着いてるのは伊達じゃない

4速で299km/h! ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP[レースベース車]」最高速テストのオンボード映像

4速で299km/h(300km/hリミッター着き)も出るんだってさ。
なんか凄い。
凄いとしか言いようはない。
道の駅で見せびらかすのに申し分ないスペックだ。
凄いね。

このメーターも凄いね。
R1やGSX-R1000なんかと同じく、このMotoGPっぽいタイプがこれからのトレンドに成るんだろう。
もうアナログタコメーターとデジタルスピードメーターって時代じゃ無い。
個人的には、300km/hまで目盛りの刻まれてるアナログスピードメーターがハッタリ利いてて好きなんだけどね。
たとえアイドリングのちょい上までしか回さないとしても。

その昔にCBR250Rに乗ってた時期が有る。
タダで貰ったCBR250R(ワケ有り)

どんな訳が有ったのかは

何度か書いた事は有るけれど、16歳で免許を取って、私が公道で始めて乗ったバイクは1988~1989年式のCBR250R。 年式はちょっと曖...

まぁこの辺りかな。

ともかく、タダで貰った88~89年式のCBR250Rに乗ってたのだけど、当時すでに新型がブイブイ言わせて走ってたのだ。
Rが3つも着いてる、CBR250RRが。

なんかクキクキしたフレーム。
同じくクキクキしたスイングアーム。
NSRみたいなホイール。
そしてフロントのダブルディスク。

やっぱ私のCBR250Rとは違うね。
Rが一個多いだけの事は有るよね。
と、そう思った、まだ私が高校生だった頃の思い出。

正直、このまま進化し続けたら、このCBR250シリーズはどこまで進化するんだろう?
次のモデルでプロアーム化&倒立フォークまで行くかな?
とか思ったんだけどね。
倒立嫌いと言われてた当時のホンダには望むべくも無い話だったか。

自主規制強化→絶滅→かと思えばまさかの単気筒で復活→2気筒のRRで今更ながらの倒立化。
と、少しずつ盛り返して来た感の有るCBR250。

これの成功如何で、CBR250RRにも、もう一個Rが着くかも知れない。
カワサキがやってくれた4気筒クォーター。
その結果次第で、ホンダのCBにもRが4つ着くかも知れない。
着かないかも知れないけれど、きっと着かないだろうけど、でも.....

どうだろうね。
ああ、無いか。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする