MotoGP再開直前

再開が目と鼻の先に迫ったMotoGP。

今後のスケジュールはこちら

7月15日 オフィシャルテスト ヘレス
7月17日~19日 第2戦 スペインGP ヘレス
7月24日~26日 第3戦 アンダルシアGP ヘレス
8月7日~9日 第4戦 チェコGP ブルノ
8月14日~16日 第5戦 オーストリアGP レッドブル・リンク
8月21日~23日 第6戦 スティリアGP レッドブル・リンク

レッドブル・リンク2連戦の後は、ミサノが2回とカタルーニアを挟んでルマンが1回、後はアラゴン2連戦とリカルド・トルモ2連戦で締め。
アメリカは正式に中止が決定し、チャーンとセパンはまだ検討中。
こんな予定。

MotoGPクラスは13戦、Moto3とMoto2はカタールを合わせて14戦で行われる予定の今期のMotoGP。
その内の7戦、半分がスペインで行われる事に成る。
スペイン50%。
でも、最悪の場合は1つのサーキットで6回レースする、なんてうんざりする計画も有ったと言うので、この非常時に最高の答えに辿り着けたと思っていよう。
関係者の意地と尽力でどうにかこうにかここに辿り着けたのだと。

そんなスペイン50%な今期のMotoGP。
ヘレスは無事に開催されるだろうけれど、だがスペイン全体で見れば未だ不透明だったりする。

スペイン北東部カタルーニャ自治州のトラ首相は13日、新型コロナウイルス感染の再拡...

カタルーニヤの一部で再び都市封鎖が成された、ってニュースがあったのは先週の事。
ただ、あんまり住民が抗議するので裁判所がもういいわって封鎖を解除したのがちょい前の事。
話は防疫から民族紛争にまで発展するかもね、と、そんな様相だったりする。
最終的にはカタルーニヤの首相の名でロックダウンが指示されて、今は再びの封鎖中。

ヘレスが有るのは、スペイン南部、アンダルシア州のカディス。
最近、ラ・リーガ 2部の首位と共にラ・リーガ昇格が決まり、サポーターが大量集結してえらい騒ぎに成った所。
サッカーは無観客で試合を行ったものの、スタジアムの外に大量に集結してえらい事に。
そんな所。

幸いにしてスペイン南部は感染者は少ない状態なので、今回のヘレスは問題無く開催されると思う。
ただ、スペイン全体では感染者数がやや増加傾向に有るので、カタルーニヤ、アラゴン、バレンシアが行われる9月以降ではどうなってるのかは解らない。
→Google COVID-19情報

今後の状況次第では、またスケジュールの変更は有るかもね。
ただ、最後はやっぱりバレンシアで締めなきゃ成らないので、どうにか収まってくれないとちょっと困った事に成りそう。

ほんと、どうなっちゃうんだろうね。
まぁ流石にもう片付いてるよ、カタールでのGP開催の頃にはもう何事も無くなってるさ。
なんて今年の1月頃にはそんな暢気な事を言ってた私には、どうなるかは解らないやとしか言いようは無いな。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする