さらに迫り来るDAZNの波

DAZN

イギリスからやって来たスポーツのネット配信サービス。
日本のスポーツ中継を牛耳ってたJ SPORTSに大きなショックを与えたJリーグショックも記憶に新しいだろう。
なんせ丸ごと持って行かれたんだから。

サッカーと言えば、カズとラモスとナカタで止まってるような私にはJリーグの騒動はいまいちピンと来ない話なんだけど、ジロはショックだったね。
まさかJ SPORTSからジロが消えてしまうとは。

だがそんなDAZNでのジロ・デ・イタリアも今や昔。
一時はツール・ド・フランスもDAZNでやるよとアナウンスはされてたものの、何らかの事情で無かった事に。
WWEも英語版と日本語実況版を放送してたがこれも無かった事に。
そしてついに、ジロ・デ・イタリアも同じく無かった事に成るのが発表されたのは昨年の事。
そんなの急に言われても困っちゃうわ。
今更J SPORTSでも放送は成されず、来年のジロは見れないねと嘆いていたのは昨年の事。
でも、まさかジロそのものがこんな事に成るとは夢にも思ってなかったよ。

今年の主なサイクルロードレースの日程(予定)

8月12日~8月16日 クリテリウム・デュ・ドーフィネ
8月29日~9月20日 ツール・ド・フランス
9月20日~9月27日 世界選手権
10月3日~10月25日 ジロ・デ・イタリア
10月20日~11月8日 ブエルタ・エスパーニャ

グランツール3つとドーフィネ、世界選手権だけを見てもこんなタイトなスケジュール。
ツアー・オブ・カリフォルニアは中止が決定されたが、ミラノーサンレモやパリールーベ等は開催されるので、それらを間に挟むので今年はかなりのハードスケジュール。
MotoGP以上に大変だ。

特にツール最終日と開幕が重なる世界選手権、さらにはジロの最中に始まるブエルタ。
この辺りは選手も大変だけど所属チームやナショナルチームのスタッフもかなりキツい。
ジロとブエルタの両方を同時にこなせるチームなんてどれだけ有るんだろうね。
もう大変ですわ。

で、話は戻ってDAZN。
現在は、サッカーとF1とプロ野球が日本での3つの柱。
だが、海外ではチビチビとMotoGPの世界にもその触手を伸ばしてるのだ。
ヌルフフフ。

各国の主なMotoGP中継&配信

イギリス BT Sport
イタリア Sky Sport、DAZN
フランス Canal+
スペイン DAZN
ドイツ ServusTV、DAZN
スイス Canal+、DAZN
オランダ Eurosport
オーストリア ServusTV、DAZN
オーストラリア Fox Sports

昨年のスペインでのDAZN独占放送権獲得ってニュースに続き、2月に発表されたのがコレ。

DAZN ha scelto Marco Melandri per commentare le gare della MotoGP al fianco di Niccolò Pavesi. Per Moto2 e Moto3 ci sarà il giovane Matteo Pittaccio.

メランドリがDAZNのMotoGP中継のコメンテーターに成ったよ、ってニュース。

なんか何処へ向かってるのか良く解らないメランドリだけど、ともかく今年はDAZNに向かう事に成ったのだ。

2019年からのスペインに始まり、今はイタリア、ドイツ、スイスの他に、オーストリアやサンマリノでもDAZNはMotoGPの配信を始めている。
スペインでは完全に支配し、さらにはSBKの配信も始まってる。

一方、F1をやってるのは日本のDAZNだけなので、ヨーロッパ各国と日本とでは、その判断は大きく異なってるみたいだけどね。
一概に、余所でやってるから日本でもやっちゃるけんって、そんな丼勘定はしてないさ。

この先の事は解らない。
でも、DAZNならFP1から配信してくれるので、そっちの方がありがたい気もするけれど、また途中で投げ出されたらそれはそれで困ってしまうので、結局の所は中々難しい話だ。
またも途中で放り出されたら困ってしまうものね。
G+とDAZNの両方でやれって?
はは、そりゃ無理な話ですわ。

huluがもうちょい頑張ってくれたらなぁって。
英語放送でも良いので、FP1からやってくれたら、リアルタイムだけじゃ無くアーカイブでも見れたら言う事無いんだけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする