チェコGP初日リザルト

今週末はブルノでチェコGP。
そしてSBKはポルトガルラウンドと、ちょっと忙しい。

ビッグニュースと言えばやっぱりコレ。
我らが中上君、FP1でトップタイム!

再開以降、存在感をブリブリ増してるこの所。
マルク・マルケス不在、クラッチローもまだ怪我から完全復帰してない今、ホンダの期待を一身に背負う。

ホンダではただ一人昨年型のマシンを使ってる現状。
レギュレーション上、今期はどうしようも無いんだけど、もし待遇が改善されるなら、来期がちょっと楽しみかも。

CZECH REPUBLIC MOTOGP – FREE PRACTICE (2) RESULTS
POS RIDER NAT TEAM TIME/DIFF MAX
1 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1) 1’56.502s 308k
2 Franco Morbidelli ITA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.007s 307k
3 Miguel Oliveira POR Red Bull KTM Tech3 (RC16) +0.048s 311k
4 Johann Zarco FRA Reale Avintia (GP19) +0.081s 313k
5 Maverick Viñales SPA Monster Yamaha (YZR-M1) +0.166s 308k
6 Joan Mir SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +0.374s 309k
7 Aleix Espargaro SPA Aprilia Gresini (RS-GP) +0.539s 312k
8 Pol Espargaro SPA Red Bull KTM (RC16) +0.557s 313k
9 Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) +0.571s 309k
10 Jack Miller AUS Pramac Ducati (GP20) +0.607s 312k

前回、マシントラブルを起こすまでは表彰台ペースだったバグナイアは、FP1でのクラッシュの影響でFP2はキャンセル。

トップは最後の最後に一発タイムを出したクワルタラロ。
早い、やっぱりやたら早い。
2番手はモルビデルと、ペトロナスの1-2。

ヤマハのエンジントラブル問題は本日はクリア。
だが、今度はホンダのアレックス・マルケスがマシントラブル。
それが影響してか、いまいち伸び悩み。

ブルノは相性が良いと言われるドゥカティ勢は、ザルコが4番手とトップタイム。
この調子で明日を乗り切れるか。

ここまで、上位4名がサテライトライダーが占める。

一方、個人的優勝候補のドヴィさんは、アレックス・マルケスよりちょいマシな15番手。
個人的には優勝候補な事に違いは無いので、明日はもうちょい上げて来ると思う。
多分。

初日9番手で終えた我らが中上君。
このまま乗り切り、Q2進出成るか?
明日へ続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする