アンドロイドは餃子屋でバイトする夢を見ない

随分と涼しくなった先日、バイクでちょろっと神戸まで行って来た。
ん、まぁ自転車でも行ける距離なので、わざわざ改まって書くような話でも無いのだけど。

目的は餃子。
毎度お馴染みの餃子。

何人かで現地で集合し、何人かで餃子屋へ行き、その後は適当に時間を潰して、後は勝手に帰るだけ。
そんな適当な今回。
今回もそんな適当な感じ。
てか、何時もコレ。

だが、適当とは言っても、全員がバイク乗りで有る以上、その交通手段は必然的にバイクと成る。
暑いから電車でも良いのだけど、それでもやっぱりバイク乗りはバイクに乗る。
積雪や嵐の日は別として。

たかだか数人の適当な集まりだけど、この日は奇しくも全員がカワサキに乗っていた。
神戸だから、なんて訳はさらさら無いのだけど、ライム100%な本日だった。
バイクの色は黄緑ばっか、なんて訳じゃ無いかれどもさ。
そんな八百屋みたいな色使いじゃ無いけれどもさ。

カワサキと言えばグリーンだ。
新幹線から潜水艦まで、作るモノ全てが黄緑に染まる訳では無いけれど、カワサキと言えばやはりグリーン。
カワサキの誇るヒューマノイド枯井戸君も黄緑だ。

【国際ロボット展2019】川崎重工・ヒューマノイドロボット「Kaleido」(ver.6)の災害対応デモ

現状、災害現場に投入したらこのロボットを助けるロボットが必要な足取りだけど、そのうちに大地にしっかり立てるように成るさ。
いずれは災害現場で大活躍する日もきっと来るさ。
その日までには、顔をもうちょっとフレンドリーにして欲しいと思う。
ちょっと怖すぎる。

More Parkour Atlas

アトラスさんを見ると何とも味わい深いモノが有るのだけど、僕たちのカワサキならきっとやってくれるさ。
災害現場を華麗なステップで駆け抜ける日が、きっとそのうちに。

Ford’s Delivery Robot Walks On Two Legs Like A Human

ちなみにこちらはフォードのロボット。
カワサキ重工の災害救助や、ボストンダイナミックスの秘密用途とは異なり、こちらはデリバリーに特化した方向性のロボット。
アメリカのコミュニケーションサイトでコレについてちょろっとやり取りした事は有るのだけど、アメリカ人からはこのロボットを熱望する声も聞こえて来た。
このロボットならベストバイで買った液晶テレビを玄関先にブン投げられなくなるので安心出来るのだとか。
一体どんな生活送ってるんだろうかってちょっと思う。

そのうち、ロボットが建設した配送センターからロボットがピッキングし、それを自動運転のトラックで配達し、配達ロボットが玄関先まで荷物を持ってきて、雑用ロボットがその荷物を受け取ってくれる、そんなロボ100%な通販生活が始まるのかも知れない。
さらに、ロボットが自分で右腕アタッチメン用ドリルを注文し、レビュー動画を自分で撮影し、それをyoutubeにアップして金を稼いでくれるかもね。
ロボットにドリルを付けるって少々クラシカルな感性が気に成るけれど、いずれはそんな未来が来るのかも知れない。
人間は....何しようか。

そんなロボットとは無縁の、おっちゃんが手で包んでる餃子を食べに神戸へ行って来た。
ロボットと表現には少々齟齬の有りそうな電動ローラーで伸ばされた皮を、熟練の手つきでおっちゃんが包む餃子を。

そこに餃子ロボットの出番は無い。
ロボットが餃子を包むバイトに来る姿も無い。
何十年も前から変わらない、そして何十年後もきっと変わらない、そんな姿。

その話は....次回へ続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする