フラグなんか踏み潰せ

年末年始のある日の事。
私はガレージの中でせっせとタイヤ交換.....してる人の作業をぼんやりと眺めていた。
あ、別に私が作業やった訳では無い。
やだよ、リッターSSのタイヤをタイヤレバーで交換しろと言われても困ってしまうわ。

 

タイヤはネットで買ったピレリのディアブロなんちゃらって奴。
何だったっけ??
ピレリのタイヤは解りにくいんだよね。
現在のラインナップは、ディアブロスーパーコルサV3、ディアブロスーパーコルサV2、ディアブロロッソコルサ2、ディアブロロッソコルサ、ディアブロロッソ3、ディアブロロッソ2、ディアブロロッソ。
スポーツ用タイヤはこんなに有る。
ディアブロばっかり。

幾らかは淘汰されて売り場でも新陳代謝されてるだろうけど、店頭で買うなら良く見て買わないとディアブロロッソコルサ2を買った筈がディアブロロッソ2だったり、ディアブロロッソ2を買った筈が売れ残りのディアブロロッソだったり、なんて悲劇に見舞われる可能性も無きにしも...って奴。
スーパーでサワラとサバを間違えて買った私のように、ちょっと悲しい目に遭ってしまうので要注意だ。
ちなみに我が家は2人ともサバはダメなタイプなんだよ、な話は、まぁイイか。

タイヤなんてみんな真っ黒けのゴムの塊なので、目元をおぼつかないお年頃の方は特に、店頭で買うなら明るい時間帯に眼鏡を装着してより良い選択をしたい所だ。
製造ロットを見て買う事については、ここで言及するのは止めておくけれども。

ほら、牛乳を棚の後ろから取る、なんて書いたらなんか知らない人にえらい剣幕で怒られるんだよ。
フードロスがあーだのこーだのって。
わての牛乳に何さらしてくれとんじゃ!とばかりに頭に血の上った暴れ牛みたいに突進される可能性が高いので、不穏当な発言には十分な注意を払いたい。

だから、世の中には常に臨戦態勢な人は居るので、タイヤは製造ロットを見て新しい奴から買おう、なんて事を書くのは控えておく。
がっちゃんでも食べないタイヤの事なので、フードロス疑惑は起こらないとしてもだ。

ちなみに私はタイヤは概ねネットで買ってるから何が届くか解らなかったりする。
だから運次第だね。
新しいのが届いたとしても、私が棚の後ろから引っこ抜いた訳じゃ無いので起こらないで頂きたいな。
銘柄が違うのが送られる事はほぼ無いにしても、何時作られたタイヤが届くかは運次第。
だから、長年モデルチェンジしてないセローのタイヤを買った時、届いたタイヤの製造ロットを見てちょっと凹んだ事も有ったけど、私は元気です。

 

『新しいタイヤは滑るから気をつけて』

思えば、この何気ない、そしてタイヤを交換したら高確率で言われるこの台詞には、もしかしたら大きな問題をはらんでるのかも知れない。

 

『新しいタイヤは滑るから気をつけて』

『大丈夫だって、何年バイク乗ってると思ってんだよ』

笑いながら答えた彼は、エキゾーストノートを轟かせながらすぐ先の交差点の左コーナーへと消えて行った。

 

『新しいタイヤは滑るから気をつけて』

そう声を掛けた私に静かに頷いた彼は、鉛色の冬空の下を走り出した。
今にも大粒の涙が零れ落ちそうな、そんな空の下を。

 

『新しいタイヤは滑るから気をつけて』

『おいおい、そんな縁起でも無い事言うなよ、本当に滑ったらどうするんだ?』

軽口を叩きながら、彼のバイクは軽快なサウンドを残しながらフットワーク軽く駆け出した。

 

このシーンを見た人はきっと思うだろう。
ああ、こらアカンわ....って。
もうね、どれもこれも、次のシーンで大破してるシーンしか思い浮かばない。

 

『新しいタイヤは滑るから気をつけて』

思えば、この何気ない、そしてタイヤを交換したら高確率で言われるこの台詞に、もしかしたら大きな問題をはらんでるのかも知れない。
この、どう返答しても転倒フラグにしか聞こえてこない、この問いかけ自体に大きな問題をはらんでたのかも知れない。
どう転んでも、バイクが転んでしまいそうな気に成ってしまう、その問いかけ自体に大きな問題をはらんでたのかも知れない。

 

 

『新しいタイヤは滑るから気をつけて』

『ははは、良く有り勝ちな話だよな、まぁ気をつけるわ』

笑いながらやはり盛大なフラグを突き立てた彼は、カッチャンコとシフトを入れて走り去った。
彼がその後、フラグの運命に飲み込まれたのか、それとも無事にフラグをヘシ折る事に成功したのか、それは誰も知らない。
それは誰も、知る由も無い。

あ、まぁ私は知ってるけどね。
一緒に住んでる苗字も一緒の人なのだからそら知ってるわ。