今月のRACERS

 

bauticover

今月のRACERSはGSVRの特集。
まだV型エンジンだった頃の、謎のV4エンジンだった頃の4ストロークMotoGPマシン。

前身の2ストV4のRGVΓや、それ以前のスクエア4にもちょろっと触れてたりと、スズキフアンには堪らない一冊と成る事この上ない。
遺伝子がSの形に捻れてる人や、臀部の蒙古斑がSの形してる人や、或いは狂信的な親により銃魔(ガンマ)なんて名前を着けられた人は是非ともゲットしたい。
そうで無い方も是非とも。
結局あのバイクって何だったんだろう?
と、使い道の無いままに消えてしまったTL-Rと同じく、特に何かしらの展開が起こる事も無く謎を残したまま消え去ったスズキ4ストV4。
そのまさにスズキらしい日々がきっと垣間見れる筈だ。

ちなみに表紙は『捌弟』で解るとおりにバウティスタのGSVR。
思えばあの頃ファクトリーライダーだったんだね。
その後、ホンダサテライトに移り、ショウワのサスペンションとニッシンのブレーキと言う人柱要員とされつつもそれなりの成績は残す。
3位表彰台が3回、最高ランキング5位は十分な成績だとは思う。
だが2014年は苦戦が続き、ホンダサテライト時代はロレンソとロッシを撃墜すると言う大きな戦果は収めたもののアプリリアへ。
500cc時代のフレームをベースに作りました!って車体に、市販車のエンジンをベースに作りました!ってエンジンを載せたガラクタバイクではやはり苦戦は火を見るより明らか。
だが今期は、意外とそこそこのリザルトは残しつつも有るので、現代のGPマシンとして恥ずかしく無い新規開発されたフレームと、他のメーカーと戦えるパワーを得たエンジンとで、今後はもうちょっとはマシには戦えそうだ。
そんな来期がちょっとだけ楽しみなアプリリア、そのファクトリーライダー。
バウティスタ。
今年一杯でクビに成るんだけどね。

ちなみに現チームメイトのブラドルはSBKへ移るみたい。
で、バウティスタは....
どうするんだろう?

ホンダサテライトに出戻りはありえないし、今更ドゥカティサテライトってのも無いな。
ヤマハも埋まってるし、今の所スズキも予定無いし、これまた今更スズキに出戻りはさらに無いか。
じゃぁSBK?
それとて、ユージーン・ラバティもブラドルもSBKに行き、メランドリもドゥカティで復活するっぽいし、そしてサイクスやレイ、ドゥカティのデイビスとジュリアーノ辺りのSBKトップライダーはそのままSBKに居残るし。
と言う訳で意外とSBKにも空きシートが有る訳でも無いので、最悪....無職なんて事態も。

メランドリがドゥカティ入りするので、ジュリアーノのシート探しも必要な訳だ。
ますます座り心地の良いシートを見つけるのが大変な状況。

0729bau

バウティスタは何処へ?
アプリリアファクトリーがGPライダーに取ってのキャリアクラッシャーチームと成らない為にも、元ファクトリーライダーとして胸を張れるチームで走れる事を祈りたい。
この先にアプリリアがキャリアの墓場と呼ばれない為にも。

RACERS volume 40 スズキの第一期モトGPマシン、GSVーRの10年間 (SAN-EI MOOK)

新品価格
¥1,000から
(2016/7/30 08:05時点)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 単車好き より:

    ガンマの当て字、最高ですね 
     今どきのバカ親なら付けそうですが、ガンマ世代では無いような気もしますね 
    スズキ時代のバウティスタはもしかしたら、1勝ぐらい 有り得るかもと期待してたんですけどねー

    • TOMMY より:

      シャーシを一から開発する苦労を避ける為RGV500Γのシャーシをベースとするべく、一から開発した苦労の塊のV4エンジン。
      そんな本末転倒な事してないで、信頼と実績の直4とそれに対応したフレームを最初から作ってりゃ歴史は変わったかも知れません。
      どの道ロッシが神と呼ばれてた時代なので、レース結果はスズキがどうこうよりもロッシ次第と言えなくも無いのですがね。