仁義無きGP17争奪戦 ラウンド5

来期、デスモセディチGP17をもう一台提供するよ

この、ドゥカティによる突如の発表に端を発したGP17争奪戦。

一台の最新マシンを奪い合うのは、現状1年落ちのマシンで戦うプラマックの二人。
レディングとペトルッチの二人。
来期は一人がGP16に乗り、そしてもう一人は最新のGP17に乗る事に成る。
実はそんな戦いが繰り広げられてるのだ。

果たして何人が覚えてるか良く解らない設定だが、実は今もちゃんとその設定は生きてるのだ。
水面下では、人知れずひっそりと、それでいて激しい戦いが繰り広げられてるのだ。
この残酷なGP17争奪戦が、とても地味に。
それでも確実に。

0907petscot

ルールは簡単。
イギリスGPから、最終戦のバレンシアまでの間で成績の良い方がGP17をゲットする。
チームメイトの二人で争い、勝った方が最新のGP17をゲットする。
そんな解りやすく、そしてとても残酷なルール。

イタリア人だとイギリス人だとか、男前だとかスケベ顔だとか、そんな事は関係無い。
ただ速い者が最新のマシンを得る。
そんなシンプルなルールだ。

果たして、ファクトリー待遇を受けれないサテライトのライダーが、最新のGP17を与えられて生かし切れるのか?
昨年のデータの蓄積が有り、そして優勝した実績も有るGP16の方がサテライトには良さそう、かも知れない事なんてこの際そっちに置いておこう。
とにかく、畳とパンツは新しい方が気持ちイイのと同じく、最高峰のGPマシンはやっぱり新型の新車に限るのだから。
中古車ばっか乗せられるサテライトライダーには尚更の事だ。
嗚呼、憧れの新車が僕の手に。

 

ダニロ・ペトルッチ

スコット・レディング

イギリスGP
9位(7pt)
17位(0pt)
サンマリノGP
11位(5pt)
15位(1pt)
アラゴンGP
17位(0pt)
19位(0pt)
日本GP
8位(8pt)
9位(7pt)
オーストラリアGP
9位(7Pt)
7位(9Pt)
マレーシアGP
バレンシアGP
合計ポイント
27pt
17pt

現在までの戦績はこちら。

初めてペトルッチの成績を上回ったレディング。
前回までの12Pt差を、若干詰めて10Pt差に。

次回はウェットレースが予想されるマレーシアのセパン。
何が起こるか解らない波乱の展開が予想される。
もしかしたら一発逆転も有る、かも知れない。

特にもう一つ興味は無いかも知れないけど、この2人の熱い戦いを最後まで見守ろうじゃ無いか。
この2人の熱い戦いを。