二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

冬こそバイクツーリングの季節だよ

   

 

『この時期、バイクは気持ち良さそうですね』

と、時に言われる真夏。

お日様がサンサンと降り注ぐ酷暑が厳しい真夏。
でもバイクに乗った事の無い方からしたら、風を浴びて走るバイクがとても涼しく感じるのだろう。
その風とやらが、生椎茸が数分で乾椎茸に成る程の熱風で有る事など知る由も無く。

最高気温35度と気象庁が発表したとしても、そりゃ芝生の上に置かれた風通しの良い箱の中の温度。
自動車が行き交う真夏の炎天下では、40度なんて軽く越える温度。
そんな体温より高い熱風をエンジンを股の下に挟んだ状態で浴びて涼しい訳は無いんだけど、世間的には涼しく見えるんだろう。
少なくとも見た目は。

 

 

 

 

『この時期、バイクは辛そうですね』

と、時に言われるのがこの時期。

寒風が吹くとても寒い冬。
特に今年は本当に寒い。
バイク乗った事無い人から見ても寒そうに見える。
バイク乗ってる本人は、そりゃ勿論骨の髄まで染み渡る程に寒い。

のは、そりゃまぁ当然なんだけど、実は意外とそうでもないのもまた確かだったりもする。
少なくとも私の住む兵庫県南部は、雪はほぼ降らないし、深夜や明け方を除いて氷点下にまで気温が下がる事は滅多に無い。
六甲の麓は結構本気で寒いけれど、現在私の住む辺りでは凍結の心配も無い。
寒いと言っても私の住む地域の寒さなんてたかが知れてる。

従って、六甲山を目指さない限りは、この時期は意外と走りやすいとも言える。
そこそこ高機能の防寒ウエアを着て、ハンドルカバーとグリップヒーターを付けてるので、スキーウエアとマフラーで寒さをしのいでた昔に比べたら随分快適。
少なくとも真夏の渋滞に比べれば遥かに快適なのは違いない。

 

だから私は思う。
バイクツーリングは夏より冬だろうと。
春/秋が最高なのはそりゃそうだとして、少なくとも真夏にフルカウルのバイクで出かけるよりは、真冬にグリップヒーター付きのバイクで出かけるほうが遥かに快適だと。
私は思う。
きっとここをご覧の皆様とて、皆様そう思ってる事だろう。
夏か冬かと聞かれたら、雪と凍結が無い限りはそりゃ冬だろうよと。
夏か冬かと聞かれたら、冬こそバイクツーリングの季節だよと。

 

だからと言って、どこかにツーリングに行くか?ってのはまた別の話。
遂に今期もコタツに魂を縛られてしまった私としては、そりゃ別の話だよと言わざるを得ない。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE