You!脱いじゃいなよ!

この世にはドレスコードなんてのが存在する。
それはレストランやパーティーの場、だけで無く、日常生活の多くの場面で存在する。

バイクに乗る際にしても同じ。
バイクに乗るには相応の格好、時と状況に則した適切な服装、ドレスコードが存在する。

 

別に誰がどんな格好してようが第三者は何も関係無い話なんだけど、短パンとサンダルと玩具のヘルメットでR1乗ってたら、何だコイツって白い目で見られる場合が多い。
だからとそれを注意しに行くようなヘンテコな人はそうそう居ないだろうけど、普通にフルフェイス被って普通にジャケット着てる普通の人からしたら、何だコイツはと思われるのも仕方無い。
犬の散歩でももうちょっと気を使うような、そんなナメた格好でR1なんて乗ってたら白い目で見られるのも無理は無い話だ。
わざわざご指導ご鞭撻をしにいく人はそうそう居ないだろうけど。

 

バイクに乗る時にはバイクに乗る格好、自転車には自転車、通勤には通勤、寝るときには寝る時の、それぞれ適した格好ってのが有る。
十二単で自転車に乗ってもスク水で通勤してもそりゃ勝手なんだけど、きっと何かと問題が起こるだろうから止めた方が良いとは思う。
最低限のドレスコードは守るべきだろうと思う。

 

早朝、割と出歩いてる人が多い我家のご近所さん。
両隣も含めて犬飼ってる家庭が多く、犬の散歩の人が多数。
そしてウォーキングしてる人や、中にはジョギングしてる人も。

その中に、かれこれ何年もジョギングを日課としてるご近所さんが居る。
私が極稀に、早朝に自転車に乗る際にも高確率でお見かけするので、きっと長年に渡る日課なんだろうと思う。
あ、概ね室内でしか自転車乗らない私だけど、それでも時にはカーボンロードで外を走る事も有るんだよ。
タマには。
タマにはね。

で、このジョギングが趣味なご近所さん。
今は何処からどう見ても、頭の先からつま先までどう見ても由緒正しいジョガーなのだが、以前はジーンズとTシャツや作業着と言う格好で走ってたのだ。
別にどんな格好で走ろうが自由なんだけど、早朝の住宅街を作業着で走ってたら不審な事この上無い。
ただの空き巣。
家主に見つかって逃げるただの空き巣だ。
もしくはその空き巣を追いかける家主だよ。
どっちにしても朝っぱらから少々不穏当なお話。
今や昔の話なんだけど。

先日、今やすっかり頭のてっぺんからつま先までジョガーと成ったこのご近所さんを見かけた私は改めて思った。
やっぱ格好って大事だよねと。

 

つい最近ロードバイクに乗り始めた人が居る。
40歳を超えた今更、ロードバイクを始めた人が。

いやぁ、同じ趣味の人が増えるってのはイイもんだ。
まぁ、概ね室内でしか自転車に乗らない私は、いまいち同じとも言い切れないんだけど。

初めてのスポーツサイクル。
自転車は別の友人が随分前に乗ってた中古車。
サドル調整してステム交換してと、ポジションは出せたのでちゃんと乗れる筈。
クランクはちょっと難しいかれど、ステムくらいなら手持ちのモノをあげよう。

フレームは少々昔のアルミなので不満は有るだろうけど、その昔はコレで国内レースを走ってた評価の高いアルミフレームなので、今も性能の面では特に問題には成らないだろう。
不満が出てきたらY’Sにでも行っておくれよ。
20万円台~100万円オーバーまで、懐に合わせて色々有るから自分でどうにかしてくれよと。

 

自転車以外にも、初めてのロードバイク生活には必要なものは数多い。
ヘルメットにグローブは必須。
ペダルは諸説有るだろうけど、ママチャリに乗れれば最新のロードにだって乗れるので、最初からSPD-SLで問題無いと思うな。
生まれて初めて自転車に乗る人ならまだしも。

そして更に必要なのはウエア。
サイクル用のパンツとジャージ。
それがロードバイクのドレスコード。
別にジーンズでもビジネススーツでも乗れるんだけど、やっぱりクッションの着くサイクルパンツと、空気抵抗の小さいタイトフィットなジャージはやっぱり外せない。
だが、ロードに乗り始めた人に取って、このエッチな格好が非常に敷居が高いのもまた事実。
こんなウルトラマンみたいな格好で外を走れってのか?
と。

まぁ最初は誰でも抵抗は有る。
始めから薄々で超タイトな本気スーツを着る人は居ないだろうけど、それでもやっぱり最初は抵抗有るもんだ。
でも、そのうちに自然と解るもんだよ。
自転車に乗ってる人の格好なんて世間の誰も気にしてないって事。
そして、ロードに乗るにはやはりこのスタイルが絶対の正義で有るって事も。

最初は抵抗が有り、上に短パン履いたりとお洒落に気を使ったりするのだが、すぐにそんなのも面倒に成って、普通にお尻をプリプリさせながら道の駅にも立ち寄れるようになる。
その筋を極めた猛者に成れば、タイト感120%の薄々エアロスーツで大都市中心部のサイクルショップへさえ行ける程に。
やたら大都市のど真ん中に有る、大手スポーツサイクルショップへさえ。

だからと、あんまりエッチな格好でサイクルショップ以外へ行くのはお勧めしないけれどね。
梅田のシルベストサイクルへ行こうと、パッツパツのスーツ着てカッチャカッチャ言わせてハービスプラザで迷子に成って心に深い傷を負った人も居るので、その辺はちょっと自重するのをお勧めしたい。
You!その格好はチャリ屋以外じゃお勧めしないぜ!と。

ちなみにシルベストサイクルの有るのはハービスプラザの地下一階。
グッチやティファニーや高級ブライダルジェリーの専門店が入るフロアへは、そんなド派手でエッチな格好でクリートをカッチャカッチャ言わせながら足を踏み入れない事をお勧めしたい。
行くならハービスプラザの正面入り口から地下の店へ直行しよう。
隣のビルのハービスプラザentや、直ぐ横のリッツカールトンには、幾ら探しても自転車屋は入ってないので注意しよう。
くれぐれも、パッツパツのエアロスーツ着てそんな魔窟へ足を踏み入れないように注意しよう。

 

で、その最近ロードに乗り始めた人。

現在、サイクルパンツの上に膝丈のショートパンツと言う、ポタリングに適したスタイルで乗っている。
自転車で京都を散策するには非常に適した格好だけど、アベレージスピードを上げて心肺を強化させる朝練には少々無駄なモノが有る。
そう、邪魔だよ。
もう一枚脱いでごらん。
恥ずかしがらなくて良いからさ。
You!脱いじゃいなよ!

 

朝練ドレスコードに準じ短パンを脱ぎ去った時、彼のサイクリストとしてのスタートは始まる。
無駄な一枚を脱ぎ去った時、彼のロードバイクライダー生活は始まるのだ。

まぁ、オッサンがパンツ履こうが脱ごうがぶっちゃけどうでもイイ話なんだけど、それを電柱の影から私は優しく見守るのだった。

You!脱いじゃいなよ!

 

Bicycle

Posted by TOMMY