歌った所でどうにか成るもんじゃない

 

気持ちは解らないでも無い。
私もそんな気持ちを抱いた経験は有るのだから。

ある日の国道2号線。
神戸のまぁまぁ西の方での事。
私は信号が変わるギリのタイミングで交差点へと進入した。

ギリ、と言っても青だから問題は無い。
問題が有るのは私の後ろの車、では無くさらにその後ろの車。
私でもギリなんだから、2台後ろなんてもう既に信号は赤のタイミングの筈。
ケンシロウが言う所の、お前はもうアレやで!のタイミングだ。
もう既にアレですわ。

前の車の後ろに着いて左車線を走ってると、真ん中車線をそこそこな速度で追い抜いていく軽自動車が一台。
直接見てはいないけれど、恐らくは私の後ろの後ろのタイミングで交差点へ突入した車だろう。
そこそこな速度で私を追い抜く軽自動車。
そして、その後ろにはリック・フレアーのような雄たけびを上げる一台の白いバイクが....
嗚呼....

なんせここは神戸のまぁまぁ西の方の国道2号線。
兵庫県警察本部交通部交通機動隊と言う、聞くだけで尿が止まらなく成ってしまう恐ろしい組織が目と鼻の先。
こんな所で信号無視するだなんて、サファリパークの猛獣エリアでジンギスカンするくらいに愚かな行為だ。
コンビニワープと言う名のフォールドなら大目に見てくれるかも知れないが、流石に赤信号をフォールドしたらそりゃ無理なお話。

 

前の車、あーだらこーだら....

と、スピーカーから流れるさっさと止まれや!ってお知らせとご案内。

今やゴールド免許が当たり前な、何処に出しても恥ずかしくない綺麗な免許証を持ってる私だが、過去には何度も青切符を頂いた事は有る。
30日の停止を食らった事も。

したがって、過去には背後から白いバイクに乗る人から物騒な言葉を尻に投げつけられた経験も一度や二度じゃ無いんだけども、その折に何度かこんな事を思った記憶がある。
知らん振りしてたらこのまま見逃してくれるかなぁ...って。

止まれと言われて止まったら負けの論理。

白いバイクから逃げるのはどう考えても最良の策とは思えない。
次善策として挙げられるのはやはりコレ。
すっとぼけておけばどうにか成るかな?
って作戦。

結論から言えば残念ながらどうにも成らない。
んなの成る訳無い。
私もどうにか成った経験も無いし、きっとココをご覧の方も知らん振りしてたらどうにか成ったわ、って人は居ないと思う。
蹴っとばされて無理矢理停止させられるかどうかは知らないけれど、知らん振り決め込んでどうにか成る程に県警の白い悪魔は甘くは無い。
そりゃ甘い、甘いよスレッガーさん!と言わざるを得ない。

 

前の車、あーだらこーだら....

と、スピーカーから流れるさっさと止まれや!ってお知らせとご案内。
私の右斜め前方を走る軽自動車に投げつけられる、そんな無慈悲なお知らせとご案内。
地獄への招待状。

でも
聞こえません聞こえません聞こえません聞こえません聞こえません
気付いてません気付いてません気付いてません気付いてません
解りません解りません解りません解りません解りません解りません

と、言わんばかりにすっとぼけながら何事も無く走る軽自動車。
白いバイクを従えて、すっとぼけながら知らん振りを決め込んで何事も無く走る軽自動車。
乗ったこと無いので知らないけれど、意外と車内では外の音が聞こえないのかも知れないね、とすっとぼけた事を書いてみたり。

気持ちは解らないでも無い。
私もそんな気持ちを抱いた経験は有るのだから。
すっとぼけてたらどうにか成るかな?なんて寝ぼけた事を考えた事も有るのだから。

でも無理だよ。
今更とぼけても無理だよ。
歌をうたって誤魔化してもどうにも成らないよ。

だから私はその汚職政治家のごとく五感の全てを遮断したかの軽自動車に言葉を投げかけたのだった。

アキラメロン、アルト君....

と。

ん、まぁ実際にそれがアルト君だったのかワゴンRさんだったのかは、まぁイイじゃないかそんな瑣末な事は。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする