タイヤ交換の際に気の効いたドラマなんてそうそう起こらない。

タイヤ交換した。
車のタイヤ交換。
スタッドレスタイヤに交換した。
ちなみにご近所さんの車だ。

何故?
まぁ、ご近所付き合いって奴。

 

個人的には、ランフラットタイヤを履いてない場合は、自分でタイヤ交換くらい出来た方が良いとは思う。
でもそうは言っても、ネジはどっちに回したら緩むかって知らない人も少なく無いので、それを誰しもに求めるのは酷な話なのかも知れない。
今時、自動車保険には大抵はロードサービスも着いてるので、電話一本入れたら現場に来てくれてタイヤ交換してくれるので、別に出来なくても特に問題は無いのだろう。
もっとも、たかがスペアタイヤに交換するだけで何時間待ちぼうけ食らうか解らないので、自分でやった方が何かと良いのではと思うけれど。

Meltec ( メルテック ) 電動インパクトレンチ AC100V FT-50P

新品価格
¥7,189から
(2016/2/17 08:58時点)

電動でもAC100Vなら安くても意外と使える。
充電式の安いのはやめた方がイイと思う。


特にコレと言ったドラマチックな展開も無く、淡々とタイヤ交換は終わり、工賃としてミスタードーナツ一杯貰ったりして....
と、至極平和かつ、何ら気の効いたアクシデントも無かったのだけども、あの日のタイヤ交換は少々趣きが違ってたのだ。

忘れもしない、あの日の事は。
決して忘れる事の出来ない、あの日の出来事。

それは、えっと何時だっけ?
まぁざっくり言えば随分前だ。
引越し前、そりゃもう随分前だ。
そんなんいちいち覚えて無い。

仕事へ向かう為にちゃっちゃと準備してた、そんな朝。
ピンポーン♪
と鳴ったインターフォン。

誰かと思えば、近所の住んでる奥様。
朝っぱらから何事かと思えば、それは勿論タイヤ交換してくれって話。
ここまでタイヤ交換の話書きながら、ブリの捌き方教えろって件だったりしたらそりゃ怒るだろう。
私が読者なら、私は怒る。
みんなも怒る。
お日様は笑ってる。

それはともかく、朝っぱらかやって来たのだ
タイヤ替えてくれと。

家を出る10分前。
そんな慌しい時間に来られても困るんだ。
出勤する3時間前に来られても、それはそれでとても困るけど。
ともかく要するに来られたら困るんだ。
とにもかくにも。

いや、無理だって。
もう仕事行く時間なんだから無理だって。
夜で良いなら別に構わないけど、今は無理だって。

正直、インターフォンでこんなやりとりすらする暇も無い出勤前の朝。
勘弁してくれよとお帰り頂きつつ、仕方無いのでその日の帰りちょろっと寄ってみたのだ。

ガレージに案内されると、そこに一台のゴツい車が鎮座していた。
メルセデスのGクラス。
なんか凄い車。

そして傍らに置かれた4本のホイール。
ゴツい車に似合うゴツいタイヤ履いたゴツいホイール。
成る程、これに交換しろって言うのね。

なんでも、誰かからかそのホイールを貰ったらしい。
もらい物のホイール着けてくれとディーラーに言いに行くのは恥ずかしかったんだって。
まぁそりゃヤナセも断るかも知れない。
何処の馬の骨か解らない中古ホイールをヤナセの責任で組むのは。
私にその責任を押し付けられても困ってしまうんだけど。

インパクトレンチ有ればなぁ。
でも、うちのガレージまで車持って行くのも面倒だし。
って言うかGクラスなんかガレージに入らないし。
仕方無いかと車載工具でホイールナットを緩めようと思ったその時、私の頭に『?』が浮かんだのだ。
あれ???って。

Gクラスはナット5本。
ふと見た、交換待ちのホイールはナット6本。
....??
あれ???
いやぁ、どう考えても付かないんですけど。

聞くと、ランクルだか何かのホイールらしい。
それをGクラスに組めってのは、少々無理が有るような気がする。

『いや、これ付けるの無理ですよ』

私がそう言うと、奥様は不思議そうな顔してこうお答えに成られたのだ。

『あらおかしいわね、タイヤのサイズは同じらしいから付く筈なのに』

と。

見ると確かにタイヤサイズは同じ。
互換は有るよ。
確かにタイヤに互換は有る。
サイズは同じだからタイヤ自体に互換は有る。
奥様のおっしゃる通り互換は有る。
奥様の言う事は大体合ってる。

でもアレか?
私にタイヤ交換しろって言うのかい?
クロカン用の275だかのゴツいタイヤをランクルのホイールから外して、Gクラスのホイールに組みなおせって言うのかい?
って言うか、その作業をそもそも朝の出勤10分前にちょろっとさせようと思ったのかい?
そんな無茶な。
バイクのラジアルタイヤでも大変なのに、こんなの私の手で出来る訳無いだろうが。

『いやいや、無理だって、こんなの私の手で換えるなんて絶対無理だって、そもそも道具も無いし』

と、絶対無理だと言ってる私に差し出された小さな工具箱。

『道具なら色々有るわよ』

と、ネジ回しとかくぎ抜きとかが入った小さな工具箱を手渡された私。
砂漠で喉渇いて倒れた時に、ポカリ有るわよとポカリスエット(パウダー)を渡されたような絶望感だ。
日曜大工工具で、どうやってGクラスのタイヤを交換するんだって。
ママチャリですら難しい。
いや、まぁビードブレイカーと長いタイヤレバー渡されたところで、私がクロカン用のタイヤを交換するなんて無理な物は無理なんだけど。

懇切丁寧にどうやっても無理だから新しいタイヤ買ってくれとお願いして、どうにか理解頂いたのだけども。
それに比べて今回のご近所さんは、至極真っ当な人で良かったなと思うと共に、ちょっと位ドラマチックな事が有っても良かったんじゃ無いか?
と、どっちにしてもちょっとブツブツ文句言ってみたりしながら、ドーナツ食べてる私なのだ。
ごちそうさま。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする