二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

侮り難し!

   

 

バイクに何を求めるか?
バイクの選択基準に何に重きを置くか?
って話。

 

バイクを購入する際に、第一義として挙げられる要素。

人によってはスペック。
人によっては使い勝手。
また人によってはデザインも有り。
車両価格や燃費なんかの経済性も。
最優先事項は黄緑だって人も居るかも知れない。

それぞれに考えは有ろうかと思う。

 

ちなみに私の場合、今乗ってるR1は旦那さんが勝手に買ってきたバイクだから。
その前に乗ってたZX10Rは、これまた旦那さんがコンビニ行ってくると言い残して勝手に買ってきたバイクだから。
セローはもはや惰性。
ハヤブサは

今明かされる!ハヤブサ購入の理由(わけ)

こんな具合。

 

まぁそんな具合に、私の場合は実はコレって明確な理由は無いのだけど、世の中には一定数、或いはもしかしたら多数派と言えるかも知れない層が存在する。

それは、値段もスペックもそこそこのバイク

ってのを求める層。

 

誰しもが高速道路を250km/h巡航を求めてる訳でも無いし、コーナー入り口での280Km/hからのブレーキング競争する訳でも無い。
圧倒的多数の人間に取って、バイクの性能なんてそこそこ有れば事足りる。
勿論、ハヤブサでアイドリングのちょい上で走ってる私の場合もその一人。
死ぬまで、ハヤブサの能力の85%くらいは使わないと思う。
バイクなんてそこそこで十分だろ?と言われたら言い返す言葉なんて皆無だ。

無駄だって?
ああ、おっしゃる通りだね。
アドレス125と変わらない速度で走ってるのでアドレス125で構わないって言えば構わないのだけど、そんな事を言い出したらこの世の殆どのバイクはアドレス125でイイよねって話で終わってしまうので、それはそれとして、無駄の塊で有ろうと何だろうと当面はハヤブサに乗ってようと思う。
例え、その性能は無駄以外の何物でも無かったとしても。

どうしてもハヤブサの性能が必要なんだ。
このメガスポーツのスペックが必要不可避なんだ!

って生き方はきっと長生き出来ないと思うので、無駄は無駄で結構じゃ無いっすかねと、適当かつ安全第一で生きてようと思う。
アイドリングのちょい上程度で。

まぁ、アイドリングのちょい上と言っても、油断してたら免許がすっ飛んで行くスピード出るんだけどね。
ああ、なんて無駄なスペック。
でもそれがちょっと嬉しかったりもするのだ。
私はまだ8,000rpm分のパワーを残してるんですよ
ってこの有り余る余裕が。

 

そんな、あまり賢いとは言えない人が居る一方で、全てにおいてベストバランスベストチョイスなスマートな人もまた多い。
価格もスペックも丁度良い、どれも程ほどかつ絶妙なバランスを取ったスマートなバイクを選択するスマートな人もまた多い。
まぁそれが主流派、なんだろうけど。

日本の場合は無駄を抱え込みながらハヤブサに乗ってようとH2に乗ってようとも大した問題は無い。
大型二輪免許さえ教習所で取れば、MT-03もZZR1400も、税金も保険料も基本的に変わらないのだから。
ブレーキパッドからして値段は違うので維持費は一緒とは言わないけれど、公的、或いはそれに準じるコストに対しては特に変わらない。
ABS割引、なんて細かい話は別として。
したがって、便利か不便か、手軽か邪魔臭いか、なんてのは別としたら、用事も無いのにハヤブサをゆっくり走ってても、それでどうと言う問題は日本では起こらない。

だが、出力や車種によって保険料が大きく違ってくる国や地域の人にはちょっと切実な問題になってしまう。
無駄なハイスペックよりも、現実的かつ絶妙なスペックが望ましい、と。
用事も無いのにR1はちょっと乗ってられない。

 

 

そんな、ベストバランスベストチョイスなスマートな人にど真ん中なバイクがこの世には幾つも存在する。
日本メーカーにも、ヨーロッパメーカーにも幾つも存在する。

 

と言うお話の続きは前置きだけでえらく長くなったので次回へ。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE