二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

ホンダは確実に上げモード

      2018/04/14

 

レースの世界でのホンダの復活は有るのか?

なんて事を書くと、何言ってんだコイツは?
って思われるかも知れないけれども、全日本ロードレースとMotoGPしか見ない方はいまいちピンと来ないかも知れないが、ホンダは実はそれ以外ではどうにもレースではパっとした成績を収めていないのが実情だったりする。

 

その際たるモノが昨年までのマクラーレン・ホンダ。
F1の事だ。
鳴り物入りで栄光の名が復活したマクラーレン・ホンダだったが、ご存知の通り惨憺たる結果に終わる。
塩っぱいレースですんません状態。

他の国内四輪レースに目を向ければ、最高峰レースの一つがSUPER GT。
昨年は1勝挙げたものの、結果はランキング9位に終わる。

スーパーフォーミュラはTEAM無限のガスリーが2勝を挙げ善戦したとは言えるが、惜しくもランキングは2位。

 

 

全日本ロードレースで高橋 巧、MotoGPでマルク・マルケスがタイトルを獲得したものの、それ以外では正直スマンかったな成績に終わった2017年。
久しぶりに全日本ではタイトルを取ったけれど、ここ数年来2輪4輪問わず最高峰クラスではホンダはMotoGPでしか勝てなかったのだ。
MotoGPでしか勝てなかった、と言うか、マルケスしか勝てなかったと言うのが正しいかも知れない。

 

ここ10年間のホンダのタイトル獲得と言えば...
四輪のSUPER GTは2010年の1回。
2013年より始まったスーパーフォーミュラは未だタイトル獲得した事は無い。

二輪の全日本スーパーバイクは、2010年と2011年の2回。
ワールドモトクロスは結構頑張ってて、MXGPクラスは2016年、MX3クラスは2011年と2013年と合計3回。
SBKはト-ズランドの2007年まで遡る。

MotoGPクラスだけ見てたらホンダはレース界の頂点と思えるかも知れないが、他のレースでは必ずしもそうとは言えない成績だったりする。

だがこれだけは言っておきたい。
ホンダは確実に上げてきてると。

 

全日本ロードレースは長かったね。
ああ、とても長かった。
2012年からのヤマハの長期政権は、ホンダフアンには長く苦しい期間だったろうと思う。
ホンダファンからしたら、あの目玉ヘルメットが憎かっただろうと思う。
それくらい長かった。
2018開幕戦は...まぁともかく、ホンダは上げてきてるよ。
確実に上げてきてる。

 

そしてダカールラリー。
実は1989年以降ホンダはダカールラリーに勝った事は無いホンダ。
まだパリダカなんて言ってた頃から勝った事は無い。
残念ながら今年も無敵の王者KTMの牙城は崩せず終わったものの、それでも今年は総合2位と上げ調子なのは違いない。
次こそは...なんて期待も大きく膨らむ。
ホンダは上げてきてるよ。
確実に上げてきてる。

 

SUPERGTでも開幕戦で勝利し、そして上にも挙げたF1にしても、前回のバーレーンでは4位と復活以来最高リザルトを獲得。
このままもう一つ上へ...上がれる程に甘くは無いだろうけど、昨年までよりは上を向いてるのは間違い無いだろうと思う。
F1のレッドブル・ホンダが実現したら、もしかしたらさらに...

 

 

55251_r2_action_full

SBK。
苦難と苦戦の続くワールドスーパーバイク。

 

ここ数年来、最強のカワサキにドゥカティが戦いを挑んで、他のマシンは後ろの方で静かに見守ってる、そんな図式。
ニッキー・ヘイデンはホンダに久しぶりの勝利をもたらしたが、その図式を完全にひっくり返すには至らなかった。

復活したヤマハがやっとその一角にコンスタントに顔を出せるように成った現在。
最強のカワサキにドゥカティが戦いを挑んで、隙有らばヤマハもネジ込んでくる、他のマシンは後ろの方で穏やかに見守ってるよ。
と、結局ホンダは後ろで見守ってる図式に大した違いは無い。

 

だが、それももはや過去の話。
ついにレッドブル・ホンダはECUをコスワースからマニエッティ・マレリに変更する決断を下した。
そう、ホンダもついにECUの変更を決断。
これはSBKへと流れ着いたステファン・ブラドルがやさぐれながら散々言ってた事。
デンシセイギョデンシセイギョと。
デンシセイギョデンシセイギョデンシセイギョデンシセイギョと口酸っぱく。
やっと変える決断を下したんだとか。

 

ブラドルがやさぐれてたあの日から月日は流れ、そして2018年も開幕して本日から第3戦が始まろうとしてる今頃に言い出してもなぁって気がしないでもないけれど、これでやっとカワサキと戦えるマシンに生まれ変わるだろうと思う。
これからホンダは上げていくだろうねと。
ってか、これでダメなら、もう言い訳する所が無くなってしまうのでどうにか頑張って欲しいね。

来年からのホンダに大いに期待したい。
来年から本気出すホンダに大いに期待したい。

今年?
いやぁ...どうだろう。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE