二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

アラゴンの軌跡

   

 

0080-p03-davies-action

 

王者ジョナサン・レイがカワサキ入りした2015年以降のアラゴンでのリザルトを見ていこう。

2015 2016 2017
SP R1 R2 SP R1 R2 SP R1 R2
ジョナサン・レイ KAWASAKI GBR 4 1 2 5 2 2 2 1 2
トム・サイクス KAWASAKI GBR 3 3 Ret 1 1 3 3 3 4
チャズ・デイビス DUCATI GBR 2 2 1 4 1 1 1 Ret 1
マルコ・メランドリ DUCATI ITA -(*a) -(*a) -(*a) -(*a) -(*a) -(*a) 4 2 3
マイケル・ファン・デル・マーク YAMAHA NED 11(*b) Ret(*b) 8(*b) 11(*b) Ret(*b) 7(*b) 7 5 5
アレックス・ロウズ YAMAHA GBR 8(*c) NC(*c) 14(*c) 3 8 9 12 4 13

(*a)マルコ・メランドリはSBK未出走
(*b)マイケル・ファン・デル・マークはホンダ時代のリザルト
(*c)アレックス・ロウズはスズキ時代のリザルト

 

 

ここ3年間のリザルトを見れば、チャズ・デイビスが4勝、ジョナサン・レイは2勝、トム・サイクスは1勝。
スーパーポールはチャズ・デイビスとトム・サイクスが1回ずつ。
ジョナサン・レイはアラゴンでのポールは取っていない。

昨年はスーパーポールランキングでもトップを取ったレイだけど、過去の傾向では他のサーキットでもサイクスの方が一発の速さでは上回っている場合が多い。
ちなみに今年もスーパーポールランキングではサイクスがトップ。
2013年まで遡ったら、アラゴンの予選ではサイクスが圧倒的に速い。
予選はトム・サイクスが優勢...かもね。

と言う訳で、過去の傾向から見れば、スーパーポールではサイクス、デイビスが有力。
決勝ではデイビス、レイが有力か。
と、全くヒネりの無い在り来たりの答えに行き着いてしまう。
嗚呼、本当にヒネりが無いね。

ただ、今年のSBKはカワサキ殺しが効いてるのか、ジョナサン・レイと他の人達って構図では無いので良く解らないのが実際。
メランドリも侮れないし、ヤマハの2人だってやる気は十分。
昨年までの傾向だけでは実際には良く解らない。
誰が勝つのか、それとも....は。

 

その答えについては、またしてもJ SPORTは月曜日の夜まで放送お預けなので、お座りしてじっと我慢して待ってようと思う。
SBKのオフィシャルサイトを開いてネタばれしないように。
SBKオフィシャルサイトはぐっと回避してもcrash.netなんかでポロリされないように注意しつつ、ハァハァ言いながら辛抱してようと思う。

 

大丈夫。
私も待てくらい出来るから大丈夫だ。
前回も待てたから今回だって多分大丈夫だ。
多分。
た...多分。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE