二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

どうする?ホンダワークス

   

 

クラッチロー、HRCからの鈴鹿8耐参戦オファーを断る

https://jp.motorsport.com/motogp/news/motogp-crutchlow-turndown-suzuka8h-1038699/

チームHRCは完全なファクトリーチームだから、8耐参戦を打診されたことは、非常に光栄な気持ちだ。
彼らのナンバー1ライダーになるということは、大きな喜びだっただろう。
だが断る。

~カル・クラッチロー

 

 

ホームレース、まさに自分の家の庭で自分が開催するレースでまさかの3連敗を食らったホンダは、今年は上記の通りチームHRC=つまりホンダワークスとして8耐に帰ってくる。
前回はかれこれ10年前、2008年の事。
随分昔の話だね。

 

http://www.honda.co.jp/Racing/race2008/8hours/movie/jonathanrea/

日本ではマイナーだったあの頃のジョナサン・レイもとっても初々しい。
かわいいよ、ジョナサン、かわいいよ。

 

 

そんな、初々しかったジョナサンが、史上最強世界最強超絶無敵プロダクションレーサーとして鈴鹿に帰ってくる今年。
クラッチロー、まさかの『だが断る!』宣言により、人材難のホンダはどうするか?
ちょっと悩ましい。

 

MotoGP

●マルク・マルケス
●ダニ・ペドロサ
●中上貴晶
●フランコ・モルビデリ
●トーマス・ルティ

●ステファン・ブラドル

 

SBK

●レオン・キャミア
●ジェイク・ガニエ

 

我らが中上君はともかく、あと1名が問題。

順当に行けばSBKのエース=レオン・キャミアだけど、体調がちょっと問題。
クラッシュによるダメージで前回のイモラも2日目よりキャンセルした状況。
夏には治ってるだろうけど...中々厳しいか。

 

じゃぁ同じくSBKでのチームメイトのジェイク・ガニエか?
って言えば、それはそれで困った話。
Rd5のイモラを終えた時点でのランキングは17位。
獲得ポイントは17Pt。
1開催ワイルドカードで出ただけのレオン・ハスラムと大して変わらないポイント数。
その成績はちょっとスマンかったと言わざるを得ない。

今年のカワサキは、そのレオンと史上最強のジョナサン・レイがチームを組む、非常に困った事態。
その無敵艦隊相手にジェイク・ガニエか?
ヤマハは相変わらず磐石態勢だし、ヨシムラだってとびっきりのを揃えて来るだろう。
なのに鳴り物入りのワークス復活でジェイク・ガニエか?
ホンダも頭抱え込んでしまう。
ああ、ジョナサン・レイを手放すんじゃ無かった。

 

マルケスとペドロさんが出たらそりゃ凄いけど、流石に無いね。
ペドロさんなら有り得そう、だけど...ん、無いね。
将来的に、ロリス・バズさんコンビを組んで、往年のバリバリ伝説の名シーンを再現してくれたら胸が熱くなってしまうのだけど、流石に今年は無い。
ってか、それどころじゃ無い。

 

Mark VDSの2名も無いね。
モルビデリは元がプロダクションレーサーなので8耐のマシンにも直ぐに順応しそうだけど、チームが微妙な状況なので無いね。
ってか、それどころじゃ無い。

 

ステファン・ブラドルなら問題は無い。
本人がCBRに乗るかどうかって問題を除いて。
トラウマ抱えこんだCBRで再びレースするのかい?って問題を除いて。

 

 

10年ぶりにワークスチームとして鈴鹿へ帰ってくるホンダ。
栄光のホンダワークス。
さて、エントリーには誰の名が掲げられるのだろう?

click1

やはりヒロシの出番か?

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE