MotoEの速さはどんなもの?

 

action-jerez-motoe-test00012_preseason_motoe_action_0.big

昨日行われたMotoEの初テスト。
これまで、ほとんど公の場ではパレード走行しか見せてなかったエネルジカのMotoEマシン。
電動バイクってどんなものなんすか?
と思ったアナタにお贈りする記念すべき第一回ヘレステスト結果。
コピペしただけなんだけど。

1 Niki Tuuli FIN AJO Motorsport MotoE 1m 51.721s
2 Eric Granado BRA Esponsorama Racing 1m 51.842s
3 Randy De Puniet FRA LCR E-Team 1m 51.906s
4 Bradley Smith GBR One Energy Racing 1m 52.339s
5 Alex De Angelis RSM Alma Pramac Racing 1m 52.403s
6 Mike Di Meglio FRA EG 0,0 Marc VDS 1m 52.675s
7 Jesko Raffin SWI Dynavolt Intact GP 1m 52.675s
8 Lorenzo Savadori ITA Trentino Gresini MotoE 1m 52.689s
9 Sete Gibernau SPA Pons Racing 1m 52.817s
10 Matteo Casadei ITA Ongetta SIC58 1m 53.629s
 

初日のテストタイムをどうこう言ってもあんまり意味は無いのだろうけど、まぁ取り合えず記念すべき一発目のMotoEのリザルトって事で。

トップはWSSで走ってたフィンランド人ライダー。
良く知らない人。

2番手は2年連続CEV Moto2 European Championship王者のブラジル人ライダー=Eric Granado。
同じく良く知らない人。

初代王者候補筆頭のスミス氏が4番手。

何かと便利に使われる、コンビニコンビのぷにエとデ・アンジェリスは流石の走りで3番手と5番手。
来年もクラッチローは8耐を断るだろうから、人手が足りなきゃまた呼ばれるんだろうね。
ぷにエには足向けて寝れない。

重鎮、ジベルナウは9番手。
重鎮はまだまだ戦える。
怒りの炎が天を突き破らんとばかりに。

参考までに、今年5月に行われたヘレスでのMoto3クラスのポールポジションがこちら。

ホルヘ・マルティン SPA Del Conca Gresini Moto3 HONDA 1’46.193

現状でMoto3のトップタイムから約5.5秒程遅いタイム。
初日でいきなり壊したらえらく怒られるので皆さん壊さないように走った結果だろうね。
多分。

テストは23日~25日まで行われるので、テスト終了までにMoto3のトップタイムを超え、Moto2のタイムに迫れるかがポイント。
或いはMoto2を追い越す事は....ん~~そりゃどうだろう。

元motoGPライダーが本領を発揮するか、或いはこれをステップに登って行きたい若手ライダーが気合の走りを魅せるか。
それは最終結果をお楽しみに。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする