世の中はどう転ぶか解らない

福沢諭吉は学問のすすめにてこう書いていた。

世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。
そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。

かしくして、手足を用うる力役はやすし。
ゆえに医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし。

人は生まれながらにして貴賤・貧富の別なし。
ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるなり。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/47061_29420.html

とうに学校を卒業した、今更取り返せない人には血も涙も無い現実なのだが、まだまだ十二分に取り返せる少年少女は、冒頭の一行だけで無く全文一読するのをお勧めしたいな。
今の時代にこんな事を書いたら嵐のような左ジャブが飛んでくるので、こんな事を書くのはお勧めはしないけれど。

 

勉強して偏差値の高い大学に入ればそれで人生はばら色、とは必ずしも言えないが、少なくとも凡庸なる人は勉強するのが良い人生を送る為の一番の近道なのは確かだろうと思う。

大きな才能を持ってれば、別に中卒でも立派な人生を歩めるのだろう。
小卒(実質中卒)で総理大臣に成ったり、中卒で日本プロレス界の頂点に立ったり、高卒で世界屈指のメジャーリーガーに成ったり、その人にズバ抜けた才能と努力が有ればその限りではない。
だけど、人なんてのは中々そんな才能も無ければ、ストイックに努力しつづけるメンタルも持ち合わせて無いので、現実的には難しい。

結局、勉強してそこそこの大学に入って、まぁまぁの会社に就職するのが普通のステータスしか持たない普通の人の生き方としては一番手堅い。
だがこれが、手堅い人生を歩んで来たからと、その先も手堅い道が続いてるとは必ずしも言えないのが非情な現実。
私の最初に勤めたまぁまぁな規模の会社も今は随分とその形態が変わってるし、個人的にもつき合いの有った関西の大手家電メーカーの人なんてさらにエライ事に成ってるし。

私も含めて、ロックンローラー目指したり埋蔵金発掘に人生を賭けたり、なんてスパルタンな人生の選択は取らずににそこそこ手堅い人生を歩んで来た皆様。
そこそこの大学に入って、まぁまぁ、もしくはかなりの会社に就職する手堅い人生を歩んで来たのだけど、世の中ってのは何があるか解らないもんだよ。
現状どうなってるのか、なんて事は特に書かないけれど、まぁ大変な人も多いなぁ、とは思ってる。
もっとも、その大変な人から見ても私の方が大変な事に成ってるのかも知れないけれどね。
まぁいいさ、今は今でのんびり生きてるから。

世の中ってのは解らないもんだ。
3年連続ランキング2位。
現在ランキング1位で、開発能力も高く素行も良好で人格者と評判なファクトリーライダーがUNEMPLOYED=失業者になるのだから。
世の中はどう転ぶか解らないもんだ。
何時転ぶか解らないMotoGPライダーと言えども。

 

ふと気付くと、選択肢はアプリリアしか無いと言う絶望。
熱烈アピールするクラッチローと、未だ諦めてないイアンノーネの影。
そのアプリリアとて希望と呼ぶには余りに薄い、薄すぎる。
もううっすうす。
ドヴィさんはどんな選択を取るのか。
イアンノーネの最終的な裁定と共に、もうそろそろ発表されそうな、そんな雰囲気なんだけど.....
どうなるんだろうね。

アプリリアに入れるか、テストライダーに成るか、まさかのモトクロス転向か、4輪レースへ行っちゃうのか。
まさかのチャンピオンが失業、なんて事に成りかねない今回の問題。
来月、イアンノーネの裁定が決定する頃には決まるだろうからもうちょっと待ってねって事で。

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY