スポンサーリンク

結局CB400へと収束する

 

img_01-01

この前もちょろっとだけ書いたけれど、バルカンSに乗る機会が有った。
別に私がバルカンSに乗りたかった訳では無く、バルカンSの人が私のR1に乗りたかったって話なんだけど。

KAWASAKI VULCAN S|丸山浩の速攻バイクインプレ

 

それはともかくバルカンS。
気の効いたインプレッションは試乗動画を見て頂くとして。

ちょっとだけよby加トちゃん程度しか乗ってないのだけど、これは中々に良い。
中々に、って言うか凄く良い。

特筆されるのはやっぱり足回りだろうと思う。
バルカンって言えばカワサキのクルーザー、まぁ要するにアメリカンを代表する名前なのだけど、その名に反するかのようなこの普通のタイヤがとても良い感じ。
この手のバイクはバウムクーヘンみたいな分厚いタイヤが良く着けられる。
見てくれ的にはそっちのが正義なのかも知れないが、やっぱりどう考えてもこの普通のサイズのラジアルタイヤが良いに決まってる。
リジッドフレームならあのバウムクーヘンみたいな分厚いタイヤのエアボリュームは頼りに成るのかも知れないけれど、通常はどう考えても普通のサイズのラジアルタイヤが良いのは明らかだろう。

個人的には、もうちょい車高と共にシート高も上げてステップを普通の位置に付けたい気分。
足を前でズドーーンと放り出すより、やっぱり然るべき場所へと足は置いておきたい。
足を閉じなさいと育てられたので、ニーグリップはきっちりとやっておきたいし。

あとハンドルをもうちょい低いハンドルに変えてやれば凄く乗りやすく成ると思うけれど、それじゃただのネイキッドに成ってしまうので、バルカンSはきっとこのままの形が良いのだろうね。
まぁ、普通のネイキッドに乗りたきゃCB400買っとけって話なのだろうから。

結局、バイクはCB400へと収束する。
十分に高速乗れるパワーが有って、でも不必要な超出力では無く、軽量で扱いやすくて、そして安い。
あれこれ考えたら結局CB400へとバイク選びは収束してしまう事も有るのだが、それはそれでつまらないので、バルカンSはきっとこのままの形が良いのだろうと思う。

でも、中々に良いバイクだった。
バルカンって言うよりエリミネーターって言う方がしっくり来るよなぁって気がしないでも無いけれども。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする