ホンダレーシングの戦跡

 

レース界でのキングと言えばホンダ。
そんなイメージが有る方も多いだろうが、レースカテゴリーによっては必ずしもそうとも言い切れない。
そんなお話。

2001年から2018年までの主なレースカテゴリーでの成績。

MotoGP SBK JSB 鈴鹿8h BSB WMX WCT Outdoor Series Dakar
2018 ホンダ カワサキ ヤマハ ヤマハ カワサキ KTM (500cc) モンテッサ KTM
2017 ホンダ カワサキ ホンダ ヤマハ ドゥカティ KTM モンテッサ KTM
2016 ホンダ カワサキ ヤマハ ヤマハ ドゥカティ ホンダ モンテッサ KTM
2015 ヤマハ カワサキ ヤマハ ヤマハ ヤマハ ヤマハ モンテッサ KTM
2014 ホンダ アプリリア ヤマハ ホンダ カワサキ KTM モンテッサ KTM
2013 ホンダ カワサキ ヤマハ ホンダ ホンダ ホンダ (MX3) モンテッサ KTM
2012 ヤマハ アプリリア ヤマハ ホンダ カワサキ KTM (MX3) モンテッサ KTM
2011 ホンダ ドゥカティ ホンダ ホンダ ヤマハ ホンダ (MX3) モンテッサ KTM
2010 ヤマハ アプリリア ホンダ ホンダ ホンダ ヤマハ (MX3) モンテッサ KTM
2009 ヤマハ ヤマハ ヤマハ スズキ ヤマハ スズキ (MX3) モンテッサ KTM
2008 ヤマハ ドゥカティ ヤマハ ホンダ ドゥカティ KTM (MX3) モンテッサ 中止
2007 ドゥカティ ホンダ スズキ スズキ ホンダ ヤマハ (MX3) モンテッサ KTM
2006 ホンダ ドゥカティ ホンダ ホンダ ホンダ KTM (MX3) ガスガス KTM
2005 ヤマハ スズキ ホンダ ホンダ ドゥカティ KTM (MX3) ガスガス KTM
2004 ヤマハ ドゥカティ ホンダ ホンダ スズキ KTM  (MX3) モンテッサ KTM
2003 ホンダ ドゥカティ スズキ ホンダ ドゥカティ KTM (650cc) モンテッサ KTM
2002 ホンダ ホンダ スズキ ホンダ ドゥカティ ヤマハ (500cc) モンテッサ KTM
2001 ホンダ ドゥカティ スズキ ホンダ ドゥカティ ヤマハ (500cc) モンテッサ KTM
 

こちらが2001年以降の、主なレースカテゴリーでのホンダの成績。

MotoGPでは10/18と言う非常に高い成績。
前半はロッシ、現在はマルケス、途中でストーナーとヘイデンが一回ずつ王者に。
その前のドゥーハン時代も合わせて、やはりGPではホンダが最強と言って過言では無いかと。

そしてホンダと言えば勿論鈴鹿8h。
12/18と、無敵の成績。
ここ最近はちと苦戦続きなのだけど。

WCT(トライアル・ワールド・チャンピオンシップ)アウトドアシリーズ最強のモンテッサは事実上ホンダ。
こちらはもはや無敵の存在。

これだけ見てれば流石にホンダは強いねって思うかも知れないけれど、SBKでは少々分が悪く2/18なんて手厳しい成績。
JSBではそこそこヤマハと互角に戦えているが、SBKではちょっと苦しい。

ちなみに、現在開催されているダカールラリーはず~~~っとKTM。
ホンダの勝利は、1989年まで遡る必要が有る。
ここをご覧の方の中にはもしかしたら生まれてない人も居るかもねって時代まで。

そんなダカールラリーは、前回も書いたけれども、折り返しのステージ5まで首位をキープ。
このまま30年ぶりとなる悲願のタイトルを手にするか、それとも....
それは、もうちょい先のお楽しみ、と言う事で。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする