ペトルッチ、まさかのテック3入り

https://www.motogp.com/ja/news/2020/06/25/KTMが2021年のラインアップを発表/332242

ペトルッチがKTMに移って、ポルがレプソルホンダへ。
これは規定路線だったとしても、これを予測出来た人って殆ど居ないと思う。
まさかオリベイラをファクトリーに上げてペトルッチをテック3に入れるとは。
若い子好きを公言してるポンシャラルさんがペトルッチを迎えるとは。
今年で30のペトルッチを入れるとは。

と言う訳で、来期はオリベイラとビンダーと言う、未知なるコンビがKTMファクトリーで戦う、中々に挑戦的な布陣。

オリベイラの昨年の成績は、最高順位が8位、33ポイント獲得でランキング17位。
ちょっとほろ苦いデビューシーズンを送ったけれど、それでもザルコとロレンソよりは上。
ラバトやシャリーンや、今はブラブラしてるアブラハム坊ちゃんよりは上。
良いとは言えないけれど、決して悪いとも言えない。
チームもライダーも初年度だったし。

さらに過去を振り返ると、2015年はRed Bull KTM AjoからMoto3クラスに参戦しランキング2位。
Moto2昇格した2年目の2017年には再びRed Bull KTM Ajoへ戻りランキング3位。
翌2018年はブラッド・ビンダーとコンビを組んでランキング2位。

ブラッド・ビンダー程では無いにせよ、オレンジ色の血が流れてるオリベイラ。
KTMのファクトリーに入るのは至極当然な成り行きなんだけども。
当然っちゃ当然なんだけどね。

ともかく、KTMはこれで確定。
KTMを去るポルのレプソルホンダ入りもこれで確定。
まさかのアプリリア入りも、シートが1個空いてるので全く無い訳じゃ無いけれど、きっとレプソルホンダに入るんだろうと思う。
つまり、アレックス・マルケスのスマンかったがほぼ確定と言う事も確定って事だ。
まだレースで1mmも走ってないのに!

アレックス・マルケスはHRCと契約した状態でLCRホンダに入ると言われてるので、次の焦点はいよいよここ。
アレックス君がアプリリアに入ったら2つの兄弟の人間関係がちょっと面白く成りそうだけど、きっとそんな事は起こらないので普通にLCRに入るんだろうと思う。

噂段階では色々と言われてるけれども、さてどうなるか。
続きはまたそのうちに。
どう転んでも悲しい結果に成るかも知れないけれど覚悟しておこう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする