パニアは無理や

 

良く遊んでるZZR1400の人が我が家へとやって来た。
理由はまぁさておき。

一つの問題は、我が家の細っそりしたバイク置き場にはどう考えても両サイドにパニアが付いた巨大なバイクは入らないって事だ。
ハヤブサで結構ギリな通路を1度切り返さないと入れれない面倒な我が家のバイク置き場には、どう考えても入らない。
ハヤブサを外に出してパニアを外したらZZRは入るのだろうけど、それはそれで困る話だ。
次はハヤブサの置き場が無くなってしまうので、それはそれで困ってしまう訳だよ。
何の解決もしてないその事態にちょっと困ってしまう訳なのだよ。

 

これって別に我が家だけに限った話では無く、街のバイク駐車場でも時折起こり得る話なのだとか。
私自身サイドケースを付けた事は無いので経験無いのだが、結構タイトな作りのバイク駐車場ならかなりギリギリに成る事も少なく無いんだとか。
両サイドがセローなら問題無いんだけど、両サイドが同じようなパニア付きビッグバイクだったりしたらかなり厳しい。
バイクを入れたら人間が出れなく成っちゃう、なんて情けない事も起こりかねない。

モノによっては両サイドにヘルメットが入る場合も有る、そんな見た目からは想像出来ない大容量なパニアケース。
かぼちゃだろうと真鯛だろうと入れれてしまう頼れるパニアケース。
でもバイク自体が駐車場に入らないってのはちょっと考え物なので、これからまだ増えるで有ろうバイク駐車場はもうちょいスペースを広めにして頂けないかなとちょっと思ったりもする。
作ってくれるだけで有りがたい現状においては、そりゃ贅沢なお願いって奴なのだろうけどね。

でも、行政や他人にはそうお願いするくせに自分の家のバイク置き場を広くしろと言われても困ってしまうので、次からは自転車で来なさいとしか言い様は無かったりする。

なんて話とは特に関係ない話をどうぞ↓

絶望した!ハマチが入らないゼロハリバートンに絶望した!-その1

絶望した!ハマチが入らないゼロハリバートンに絶望した!-その2

絶望した!ハマチが入らないゼロハリバートンに絶望した!-その3

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする