担任の先生

ほんの一時期、塾講師なんて事もしてた事が関係有るのか無いのか。
ともかく、何人かの女子高生と交流を持っていたりする。

交流と言っても、旅行に行くとかカラオケに行くとか温泉に行くとか、なんて事は無く、ただお茶飲みながら小一時間程適当な雑談する程度なんだけども。

ある日、その女子高生の一人がスマホを取り出して一枚の写真を見せてきた。
そこにはヨーロッパ製のバイクの写真。

『このバイクって何てバイク?』
と、女子高生。
高校生の男の子に聞いても解らないんだと、そう言いながら。

少年マガジンでしかバイク知識を持ち得ない若者には解らないのも無理はない、中々にマニアックなバイクだ。
具体的な名前は控えておくけれど、トラやノートンやモトグッチや、って類のバイク。
バツ&テリーでしかバイク知識を持ち合わせて無い今時の若者にはちょっと難しいバイクだ。

これは○○国製の△△ってバイクだよと、口を尖がらせながらバイク博士っぷりを如何なく発揮する私は、このバイクがどうしたの?と聞いた。
すると、これは担任の先生が日曜日に1度乗ってきたバイクだと、そう答えた。

普段は電車、時折スクーターに乗ってるらしいのだけど、何らかの理由で休日のある日に一度だけこれに乗って学校にきたらしい。
で、部活だか何かで登校した日曜日に見かけて写真を撮ったとか。
担任の先生が乗ってきた、このトラやノートンやモトグッチや、って類のバイクを。

自分の担任の先生なら自分で本人に聞けばイイのに、とか思ってしまうんだけど、そんな野暮は十代女子には中々通じない正論だ。
まぁ色々有るんじゃ無いかな、何か色々と。
知らんけど。

随分前に書いたような気はするけれど、私も高校時代に学校の先生とはちょっとした関係が有ったりする。
別に疚しい関係では無い。
バイクにまつわるちょっとした関係が。

また機会が有れば蒸し返す。
機会が有ればね。

ただ、今回お話はただそれだけの事。
普段は電車、時折スクーターに乗ってる担任の先生が違うバイクに乗ってきたよ、ってただそれだけの事。
特にこの女子高生がバイクに目覚めた訳でも無く、そのバイクに乗る担任の先生に恋が芽生えた訳でも無い。
ノートンやアグスタの栄光からモトグッチを経てホンダGL500の縦置きVツインまで熱く語ったりした訳でも無い。
そんな迷惑な事はしてない。
ってか、あんまり知らないし。

学校の先生って日常生活においても何かと風当たりが強い。
勤務時間外の事なんてとやかく言われる事じゃ無いんだろうけど、そんな事はきっと誰しも思ってる事なんだろうけど、でもいざ自分が親に成れば何かと口を挟みたく成るんだろうと思う。
他所の教師はどうでもイイけどウチの子の担任だけはそんな私生活許さん!と。
そんな感じで。
そんな些か勝手な感じで。
私には知る所では無いのだけど。

サバゲしてたり女装してたり幼女アイドルの追っかけしてたり。
幾ら学校では素晴らしい先生でも、それらが露呈したらきっとPTAから反発を食らうと思う。
私は人の親では無いので何の制約も受けない自由な意見を無責任に述べる事の出来る立場なのだけど、どんな正論だろうと臆面無く主張できる無責任な立場なんだけど、流石に自信は無いな。
いいじゃん、別に担任の先生が幼女アイドルの追っかけしてても自由じゃん!
なんて事を真顔で言える自信は無い。

同じく、学校の先生がバイクに乗るってのも何かと障壁は有ると思う。
教師たるものがそんな不良の乗り物に乗るなどけしからん!と。
きっと、そんな強い風当たりを受けてる学校の先生も少なく無いんじゃ無いかと、適当にそんな想像してる。
想像だけど。

ノートンやMVアグスタやトライアンフやモトグッチや...
そんな類のバイクに乗ってる担任の先生はきっとかなりのバイク好きなんだろうと思う。
まぁ、そうじゃ無きゃ乗らないか。
ただの足としてそんな渋いチョイスはしないか。
そりゃそうだね。

何処のどなたかは存じ上げないけれど、何のバイク乗ってるとも書かないけれど、ともかくこれからも自由に、好きなバイクに乗れる事を祈るばかりだ。
担任の先生はこれからも自由なバイクライフを送って頂きたいなと、そう祈るばかりだ。
何かと強い風は当たるだろうけど、風を受け流しでこれからも自由なバイクライフを送って頂きたいな。
そう願って止まない。

流石はタンニンだけにバイクチョイスが渋いね。

と、上手い事出来た今回のお話。
おわり。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする