メディコ・デッラ・ペステ

 

私が定期的に通ってる所。
それは病院。
そう、実はこれが意外と体が悪いので、頻繁に病院に通ってるんだ。
別に世間話をしに言ってる訳でなくて。

まだ桜が咲きかけのある日の事。

この日も病院へ。
家からは少し離れてるので基本的に車で行ってるのだけど、この日は車で行くには便利悪い所に住んでる人と会う約束が有ったのでR1で行ってみた。
病人でも乗れるさ。
ちゃんと免許も更新したし。

特に何事も無くこの日の診察は終わり、約束してた時間には中途半端だったので病院のほど近くのカフェへと寄った。

そのカフェの店先には、何台かのバイクを停め置くスペースが有る。
この日停まってたのは、今流行りのアドベンチャーツアラーが一台。
かなり巨大なアドベンチャーツアラー。
アルプスローダーって言うのが正解か?
まぁイイや。

ともかく、スズキのVストロームとかBMWのGSとか、そのタイプの巨大なツーリングバイクが停まってたのだ。
しかもサイドとトップにケースを積んで、クチバシの横には補助ライトまで付いてるかなり本気のツーリングマシン。
一体何処に行くんだろうって思うバイク。

0421gs

s_0421vst

adsense]

凄い存在感のバイクの横にR1を停めヘルメット片手に店内に入ると、明らかにそのバイクのオーナーで有ろう人と目と目が合った。
ダイネーゼのジャケットに、恐らくはクシタニのエクスプローラーだろうパンツを履いてオフ用フルフェイスのヘルメット持ってるんだから多分このアルプスローダーの人だ。
これでママチャリ乗ってたらちょっと驚く。

あれ?
って見ると、私の通院してる病院の医師。
主治医では無いけれども、顔と名前くらいは知ってる医師。

あれ?

ああ?

どうも

いえいえどうも

お互い突然の事なので、なんか微妙な空気にも成りつつ、折角なので一緒にコーヒーでも飲む事に。
別のテーブルに座るってのも、それはそれでなんか気を使うし。

なんでも、連休を使って実家にバイクで帰る予定だったものの、ちょっとした用事で行く途中に病院に立ち寄ったんだとか。
普段は勿論バイク通勤はしてないから、病院のバイク置き場でも見かけた事が無かったのはそりゃそうだって話。

どうやら、物凄い山の中に実家は有るらしい。
人間よりもイノシシの方がマジョリティな地域なのだとか。
勿論夜は本当に真っ暗に成るので、サブライトは欠かせないのだとか。

この手のツーリングバイクでライトの暗いバイクなんてまず存在しないだろうけども、照らす範囲は有る程度広い方が安心なのは確かだろう。
だから増設ランプは欠かせないのだとか。
真っ暗闇の峠をひた走るには、広角を照らすランプは欠かせない。
どうせ対向車なんて皆無なんだから。

コーヒー飲みながら健康の話なんて無粋なので、バイクの話をあーだこーだと小一時間程。
あんな話やこんな話をあーだこーだと小一時間。

『じゃぁ、ボクはそろそろ行かなければ成らないのでこれで』

と、高速乗って何時間も掛かる実家へと旅に出て行かれた医師を、私はバイクのすぐ目の前の席に座ったまま静かに見送ったのだった。
大きな増設ライトが特徴的な、クチバシが尖がったバイクを静かに見送ったのだった。

は!あれはもしやペスト医師!!
メディコ・デッラ・ペステ!!

s_0421isi

そんなペスト医師と明日病院で顔合わせると思うんだけど、思い出して笑ったらどうしようかとちょっとドキドキしてる。
クチバシでツンツンされたらどうしようかと。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする