アルゼンチンGP FP3

2019年3月31日

1
93
M. MARQUEZ
1:38.471
2
43
J. MILLER
+0.206
3
35
C. CRUTCHLOW
+0.255
4
12
M. VIÑALES
+0.357
5
9
D. PETRUCCI
+0.398
6
21
F. MORBIDELLI
+0.511
7
46
V. ROSSI
+0.710
8
4
A. DOVIZIOSO
+0.710
9
99
J. LORENZO
+0.719
10
20
F. QUARTARARO
+0.731

トップはマルケス。

好調のジャック・ミラーとクラッチローが続き、終盤に転倒を喫したもののドヴィさんはどうにか滑り込みでQ2進出。

我らが中上君は終始グッドポジションを確保してたものの、最後の最後にまさかのロレンソが一発タイムを叩き出して残念ながらQ2進出ならず。

 

一方ザルコは今回もスマンかった。
ヤマハサテライトの2名が揃ってQ2進出する結果を前にザルコは何を思うか。

嗚呼、なんと言うザルコのミス。
等と言われないように、ヨーロッパラウンドが始まる頃には、KTMに移籍して良かったねと言われる日が来る事を祈りたい。
どうにかお一つ。